サクヒン

Graphic Design2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』

2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』
2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』
2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』
2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』
2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』2014年 カレンダー 『MOGA GINZA RENDEZVOUS』

Comment

古きも新しきも包括した銀座の魅力を一冊に

資生堂では毎年、オリジナルのカレンダーを制作しています。今回のテーマは『MOGA GINZA RENDEZVOUS(モガ ギンザ ランデブー)』。2013年に資生堂銀座ビルがオープンし、140年前の創業の地・銀座に活動拠点が戻ってきたことを踏まえて、銀座という街の魅力を改めて伝えたいと考えました。そこで、最近の資生堂の顔をつとめてくださっているモデルさんたちに「モガ」に扮してもらい、銀座で待ち合わせをしているという設定で撮影しました。「モガ」とは「モダン・ガール」の略語で、1920年代に西洋文化の影響を受けた最先端のファッションを身に纏った女性のこと。今回は、当時の雰囲気を感じさせながらも現代風にアレンジしたスタイリングやヘアメークで仕上げました。

特にこだわったのは、ロケ場所の選定。銀座の象徴的な建物やお店を取り上げたかったので、和光さんや江戸前鮨の久兵衛さん、バー・ルパンさん、子ども服のサヱグサさん、交詢社さん......等々、銀座を代表する老舗の方々へ撮影の承諾をいただきました。一方で、銀座は新しい文化も絶えず取り入れている街です。そこで、2012年に日本初のフラッグシップショップを銀座に開店された靴のレペットさんにもご協力いただきました。さらには宣伝・デザイン部のデザイナーにとって欠かせない存在である文房具の伊東屋さんも。皆さまのご協力によって、古きも新しきも包括した銀座の魅力を存分に感じられるロケーションを集めることができました。ちなみにカレンダー右下にあるアルファベットは、カレンダーの最後に掲載された銀座の地図内でのお店の所在地を示しています。このカレンダーは一般には販売しておらず、各化粧品店からお客さまにお渡ししているものですが、是非このカレンダーを眺めて、銀座に足を運んでいただければ嬉しいです。(山田尊康)

Credit
CD
山本 浩司
AD / D
山田 尊康
C
永岩 亮平
P
渡辺 桂子

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭