サクヒン

PhotographyAUSLESE 広告写真

AUSLESE 雑誌広告 「男の窓辺」(2011年)AUSLESE 雑誌広告 「男の窓辺」(2011年)
AUSLESE ウェブビジュアル 「男の旅」(2012年)AUSLESE ウェブビジュアル 「男の旅」(2012年)
AUSLESE ウェブビジュアル 「男の旅」(2012年)AUSLESE ウェブビジュアル 「男の旅」(2012年)

Comment

自然光で演出されたガラス瓶の美しさ

男性のためのヘアケアとスキンケアを揃えたトータルシリーズ「AUSLESE」の雑誌広告とウェブビジュアルを制作しました。2011年は「男の窓辺」というコンセプトのもと京都で撮影を行い、2012年は「男の旅」ということで、秩父や南伊豆に赴きました。

「男の旅」シリーズでは、まるで本当の旅をしているように1日に何カ所も移動して撮影を行いました。赴いた先々で商品が魅力的に映る場所を探し、コンセプトに落とした形で、写真としてどのようにシーンを切り取るかに注力。なるべく人工光は当てずに、現場の光を大事にすることを心掛けています。空間も光も一期一会なので、いかにイメージを作り上げるかにとても苦労しました。

「AUSLESE」のガラス瓶の美しさがより際立つように、ロケーションコーディネーターの方やプロップ(小道具)スタイリストの方にとてもこだわっていただいています。魅力的な商品を演出している空間やちょっとした小物たちのことも少し意識してみていただければ幸いです。(伊東祥太郎)

Credit

AUSLESE 雑誌広告 「男の窓辺」(2011年)

CD
梶田 渉
AD
花原 正基
PH
伊東 祥太郎
C
村澤 浩昭
P
小幡 観

AUSLESE ウェブビジュアル 「男の旅」(2012年)

CD
梶田 渉
AD
中村 徳男
PH
伊東 祥太郎
C
村澤 浩昭
P
小幡 観

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭