サクヒン

Package Designクレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジック

クレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジッククレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジック
クレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジッククレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジック
クレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジッククレ・ド・ポー ボーテ ローズシネルジック
ローズシネルジックローズシネルジック

Comment

日本の高い技術力を取り入れた花びらの装飾

「クレ・ド・ポー ボーテ シネルジックライン」は、「浄化創生」というコンセプトのもと、2008年に誕生しました。その中で2013年11月に新フレグランスとして誕生したのが「ローズシネルジック」です。
世界的権威のあるバラコンクールで2冠を受賞したバラを「ローズシネルジック」と命名し、その香りを基調とした香りのオードパルファムです。「美しい肌そのものを香りで表現する」という発想から開発が進み、類いまれなる究極の香りと、それを包む美しいフォルムのパッケージが完成しました。

「シネルジック」の「BEAUTE NOIRE」(NOIRE:フランス語で「黒」の意)という世界観をもとに、黒く美しい香水瓶に、香りを象徴するバラの花びらが舞い降りたようなデザインを開発しました。キャップ部分に花びらを封じ込めたような装飾を実現するため、透明度の高い樹脂を幾重にも折り重ねて成型しています。これは通常の化粧品容器には見られない難易度の高い設計であるため、容器を生産するメーカーと何度もやり取りを重ねました。日本のものづくりの高い技術力を取り入れて、ようやく実現することができたのです。

身体の芯から明るく透き通っていくような心地よいバラの香りと、バラの花びらをあしらった高揚感のある美しいボトルから、「ローズシネルジック」のもたらす特別な世界観を感じていただければ幸いです。(駒井 麻郎)


クレジット表記について
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 宣伝・デザイン部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭