サクヒン

Package Design お客さまとともに進化する。使いやすさと先進感が共存するエリクシールのパッケージデザイン

エリクシール 「美容濃密液」エンリッチドセラム CB エリクシール 「美容濃密液」エンリッチドセラム CB
エリクシール 「美容濃密クリーム」エンリッチドクリーム CB エリクシール 「美容濃密クリーム」エンリッチドクリーム CB

Comment

上質感、先進感を表現するために考え抜かれたパッケージの色とカタチ

--スキンケアブランド「エリクシール」のパッケージデザインを、機能の進化に伴い一新されたそうですね。

川合:エリクシールの主力商品である「美容濃密液」に新しい成分が配合されてパワーアップしたので、パッケージと詰め替え用レフィルのデザインをアップデートすることになりました。また、新たに発売される「美容濃密クリーム」のパッケージとレフィルもデザインしています。

--ゴールドの色合いが、先進性を感じさせます。

川合:エリクシールの「エレガントな上質感」「先進感」を訴求していきたいので、世界観を表現するためのゴールドの色合いを追求しています。今回は、コラーゲンの最先端技術によって進化したということを伝えるため、以前よりも一層輝きを増したメタリック感のあるゴールドを取り入れました。

--デザインしていく上で意識された、一番のポイントはどこでしょうか?

川合:エリクシールは、機能が進化するたびにパッケージデザインも変化しているのですが、今までのお客さまにも変わらず愛してもらえるように、基本的なデザインは継承してきました。そのようなエリクシールらしい変わらないエレガントな雰囲気と、進化し続ける機能の先進性を兼ね備えたイメージがひと目で伝わるように工夫しました。たとえば、美容濃密液は「肌に効く凝縮の一滴」をイメージして、ボトルを金色のドロップ型にあしらっています。美容濃密クリームでは、高品質なクリームがぎゅっとつまっている感じを演出するため、肉厚の樹脂を用いて、エリクシール最高峰アイテムとしての存在感を出しました。

--エリクシールが継承してきた「変わらない部分」というのは、デザインの面ではどのようなところでしょうか?

川合:エリクシールには、「エリクシール・アール」と呼ばれるデザインコードが存在します。今回も、キャップの正面にR型のゆるやかな曲線を描くことで、エリクシールらしい情緒や有機的なイメージを与えました。上向きの曲線は、コラーゲンで肌にハリが出るというアンチエイジング効果も表現しています。スマイルしているようにも見えるので、ミーティングでは「このスマイルが〜」という表現もよく使いますね。

エリクシール 「美容濃密液」エンリッチドセラム CB エリクシール 「美容濃密液」エンリッチドセラム CB

エリクシール 「美容濃密クリーム」エンリッチドクリーム CB エリクシール 「美容濃密クリーム」エンリッチドクリーム CB

「美容濃密液」「美容濃密クリーム」のレフィル 「美容濃密液」「美容濃密クリーム」のレフィル

開発時のアイデアスケッチ 開発時のアイデアスケッチ

ブランドの世界観を表現するだけでなく、お客さま目線で「使いやすさ」もアップデートしていく

--美容濃密クリームにも、詰め替え用のレフィルがあるそうですね。詰め替えできるクリームというのは珍しいのでは?

川合:エリクシールはたくさんのお客さまに長く使っていただきたい商品なので、使いやすさを重視しており、レフィラブルも一つの価値だと考えています。美しさを損なわぬまま、環境対応を考慮した、新しいライフスタイルを提案していきたいと思っています。

--詰め替え用のレフィルのデザインで、工夫した点はどこですか?

川合:レフィルはなるべくシンプルに、誰でも使えるようなものを心がけています。たとえば、美容濃密液の詰め替え専用ボトルでは、直感的に付け替えられるように、手で軽く力を入れればすぐ本体が抜き出せるようにするなど、細かい調整を行っています。

--見た目だけではなく、使いやすさもアップデートしているんですね。

川合:エリクシールでは、お客さまからいただいたフィードバックはすぐに取り入れ、さりげない使用感の改善を常に行っています。会社のデスクだけではわからないことも多いので、開発するときは、色味やパール感、輝きなどが、部屋の照明や環境によってどう見えるかについても検証しています。パウダールームや鏡の前で商品を使うことも多いと思うので、急いで確認する必要があるときは、会社のパウダールームに持ち込むこともあったりして(笑)。ブランドの世界観を追求しながら、常にお客さま目線を忘れずに、進化していくプロダクトを目指しています。

掲載日 2015年10月
川合 加奈子
Profile

川合 加奈子(かわい かなこ) Art Director
資生堂 宣伝・デザイン部アートディレクター。京都教育大学特修美術学科卒業。2005年資生堂入社。インテグレート、エリクシールなどのパッケージデザイン、アートディレクションを担当。

Credit
CD
鐘ヶ江 哲郎
AD
川合 加奈子
D
川合 加奈子 和久井 裕史 塚本 康博
Links

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭