サクヒン

Copy Writing資生堂パーラー バレンタインコレクション2014

チーズケーキ ショコラ 「Chocolates are mighter than arrows.」(チョコレートは矢よりも強し)
左: ショコラフリュイ 3個入り 右: ショコラフリュイ 6個入り 「Forbidden fruit is the sweetest.」 (隠された果実が一番甘い。)
左: ショコラフリュイ 6個入り 「Forbidden fruit is the sweetest.」 (隠された果実が一番甘い。)/右: ル・ショコラ プティ 「All that glitters is not gold. 」 (きらめくものは、ゴールドだけじゃないの)
手前: ラ・ガナシュ スイート&ストロベリー 「Chocolates rather than praise.」 (愛の言葉もいいけど、チョコレートもほしいの。)/中央: ラ・ガナシュ スイート&カフェ 「Chocolates are a friend in need.」(困ったときのチョコ頼み)/奥: チーズケーキ  ショコラ 「Chocolates are mighter than arrows.」(チョコレートは矢よりも強し)

Comment

「言葉よりもおしゃべり」なチョコレートのパッケージ

「いつもありがとう」のチョコレート。「ずっと好きでした」のチョコレート。ひと口のチョコレートには、「甘い」だけではないさまざまな情報が詰まっています。

資生堂パーラーのバレンタイン限定商品、2014年のテーマは、「言葉を贈る」。 味の種類によって一つひとつデザインの違うパッケージに、英語のコピーを載せる企画です。図書館にこもってさまざまな文献を調べていたときに、ふと目についたのが、英語の古いことわざ、"Love cures all(愛は万能薬)"。 そのとき、私は思いました。もしかしたら、愛に舞い上がった心を鼓舞し、愛に傷ついた心を癒してくれるチョコレートこそが「万能薬」なのではないか、と。

パッケージに刻まれた言葉は、古今東西のことわざや格言をベースにし、その一部分を"Chocolate"に変えることで、チョコレートはどんなときでも人生の傍らにいることを表現しています。 たとえば、" Action speak louder than words.(言葉より行動)"のチョコレート版は、"Chocolates speak louder than words.(チョコレートは言葉よりもおしゃべり)"。" Accomplishments are a friend in need.(芸は身を助ける)"は、"Chocolates are a friend in need.(困ったときのチョコ頼み)"といったふうに、スパイスの効いた8種類のメッセージを作成しました。

ぜひ資生堂パーラーに足をお運びください。「おしゃべり」なチョコレートたちが、一人ひとりの2月14日を応援しています。(植木 彩)

Credit
CD
信藤 洋二
AD / D
近藤 香織・松石 翠
C
植木 彩
Links

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭