サクヒン

OtherPICK UP TECHNOLOGY ウェブサイト
「黒方 〜時を超えた香り〜」

黒方
〜時を超えた香り〜
黒方 〜時を超えた香り〜黒方
〜時を超えた香り〜
すやり霞がはけていく様子(ウェブサイトより)すやり霞がはけていく様子(ウェブサイトより)
すやり霞がはけていく様子(ウェブサイトより)すやり霞がはけていく様子(ウェブサイトより)

Comment

時空を超えて、めくるめく香りの研究の世界へ

「美」を支える確かな技術を、テーマごとにウェブサイト上でわかりやすく解説する「PICK UP TECHNOLOGY」。今回のテーマは、平安時代に最高峰と謳われた香り「黒方」を、現代の化粧品によみがえらせた資生堂の「香り技術」のご紹介です。

古の香り「黒方」が、時空を超えて現代へとよみがえっていくさまを表現するために、ムービーの中で現代と過去をつなぐ表現ツールとして「すやり霞」を用いました。「すやり霞」とは、昔から屏風絵などで、場面の仕切りなどに使われてきた伝統的な表現様式です。このもくもくした「すやり霞」が、お香が立ち上るイメージに似ていることから、現代から過去へとタイムスリップする演出に使えないかと考えました。ムービーの中で「黒方」のお香が薫かれると、立ちのぼった香りが次第に「すやり霞」へと化し、見る者を平安時代へと誘います。また、ウェブサイトを下にスクロールしていくと、「すやり霞」がはけて、情報が見えるつくりになっており、奥行きのある世界観を演出しています。

資生堂は、日本の伝統的な香りについて、科学的な研究だけでなく文化や歴史までも幅広く研究しています。実は、ムービーの撮影場所は、資生堂研究所内の和室。研究員たちは、この和室で「香道」など、日本の香りの文化を学んでいるそうです。このサイトを見た方が、そんな資生堂の香り研究に興味をもっていただけるとうれしいです。(横山 裕子)

Credit
CD
鐘ヶ江 哲郎
AD
戸瀬 麻梨乃
C
横山 裕子
Links

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭