サクヒン

Graphic Design花椿 商品広告「SCIENCE&ART」

花椿 商品広告「SCIENCE&ART」花椿 商品広告「SCIENCE&ART」
花椿 商品広告「SCIENCE&ART」花椿 商品広告「SCIENCE&ART」
花椿 商品広告「SCIENCE&ART」花椿 商品広告「SCIENCE&ART」

Comment

モノの本質を描いた、記憶に残るイラストレーション

資生堂の商品は、最先端の科学技術の結晶を、美にこだわりぬいたデザインで包んでいます。そこで今回は思い切ってモデルを起用せずに、シンプルで削ぎ落された表現で、商品の形そのものの美しさを伝えることを目指しました。資生堂は創業当時から、広告に女性のイラストレーションを用いてきた歴史があります。そこに着目し、現在主流となっている写真やCGではなく、イラストレーションという手法を選びました。

イラストレーションは、フィリップ・ワイズベッカーさんにお願いしました。モノの本質を必要最低限のエッセンスで描きだすワイズベッカーさんの手にかかれば、商品の美しさがより際立つのではないかと考えました。印刷の際は、紙のよごれを活かすなど手描きの雰囲気をあえて残しています。その商品が記憶の中でが永遠になるように、という想いを込めて、新しい商品であってもどこかノスタルジックな感じを演出しました。

広告は、モノを売るためのコミュニケーションだけではありません。資生堂のデザイナーは、美しさや文化、アートもお客さまに届けたいと思っています。日常に美やアートがあることはとても豊かなことだし、美しいものを見ると心が安らいだり、楽しくなりますよね。この広告をご覧いただいたお客さまに、そういった気持ちになっていただければとても嬉しいです。(志賀玲子)

Credit
CD
澁谷 克彦
AD / D
志賀 玲子
I
フィリップ・ワイズベッカー
C
永岩 亮平
Links

クレジット表記について
  • ECD: エグゼクティブ クリエイティブディレクター
  • CD: クリエイティブディレクター
  • AD: アートディレクター
  • D: デザイナー
  • Copy D: コピーディレクター
  • C: コピーライター
  • P: プロデューサー
  • PH: フォトグラファー
  • PL: プランナー
  • ST: ストラテジスト

クレジットは資生堂 クリエイティブ本部のスタッフのみの掲載としております。

ページの先頭