メニューを開く
メニューを閉じる

今後の展覧会

資生堂アートハウス名品展
開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に

開催期間:2017年 10月3日(火)― 12月17日(日)<入場無料>

資生堂アートハウスは、1978年11月 静岡県掛川市に開館し、以来、地域における美術館として、これまでに100回を超える展覧会を開催してまいりました。
今回の開館40周年を記念して開催する「資生堂アートハウス名品展」は、当館を永年に亘り支えてくださった皆様への感謝をこめて、これまでお客様からご好評を博した作品をできる限り採り上げながら、資生堂が1947年から断続的に開催している「椿会美術展」と、「現代工藝展」(1975-1995)の出品作を中心に、前期、後期の会期を通じて、日本画、洋画、現代美術、工芸を併せた約120点を展覧いたします。

企業がお客様とのより良き関係を培っていくうえで何ができるのか、40年に亘る美術館の運営とコレクションの無料公開は、そのような問いかけへの資生堂の一つの回答でした。「コレクションは人なり」と言われますが、企業のコレクションもそれと同じく企業の顔を表します。化粧品とは別の形で資生堂の美意識を体現するものです。
今回の展覧会が皆様により深く資生堂を理解していただくための一助となり、芸術がもたらす喜びをともに分かち合う場となり、さらには企業とお客様との幸福な関係を築いていくための縁(よすが)となれば幸甚です。

※2018年1月から3月にかけて、「資生堂アートハウス名品展 開館40周年記念 後期 洋画、現代美術、陶芸を中心に」(仮称)を開催予定です。

■関連企画

学芸員によるギャラリートーク

アートハウスの学芸員が、作品の解説を交えながら展覧会をご案内いたします

  • 日時:
  • 10月27日(金)、28日(土)・11月24日(金)、25日(土)・12月8日(金)、9日(土)

※ 各日 14:00 ― 14:30 <参加費無料|申込み不要>

  • 会場:
  • 資生堂アートハウス

※ 詳しいお問い合せは資生堂アートハウスまで
(Tel:0537-23-6122、Fax:0537-23-6315)

■参考画像

  • ➀田口善國 「花の薫り 朱金砥出蒔絵飾箱」 1995年

  • ➁磯井正美 「蒟醬和風菓子器」 1983年

  • ➂北村昭斎 「結び文螺鈿箱 椿」 2013年

  • ➃小椋範彦 「乾漆割貝蒔絵紅白梅花文飾箱」 2003年

  • ➄上村松篁 「山 娘」 1974年

  • ➅奥田元宋 「秋耀細瀑」 1989年

  • ➆岩橋英遠 「月」 1983年

  • ➇髙山辰雄 「灯」 1980年

  • 漆 芸
    • ➀田口善國 「花の薫り 朱金砥出蒔絵飾箱」 1995年
    • ➁磯井正美 「蒟醬和風菓子器」 1983年
    • ➂北村昭斎 「結び文螺鈿箱 椿」 2013年
    • ➃小椋範彦 「乾漆割貝蒔絵紅白梅花文飾箱」 2003年
  • 日本画
    • ➄上村松篁 「山 娘」 1974年
    • ➅奥田元宋 「秋耀細瀑」 1989年
    • ➆岩橋英遠 「月」 1983年
    • ➇髙山辰雄 「灯」 1980年