1. Home
  2. ビューティー / アート
  3. 現代詩花椿賞について

ビューティー / アート
Beauty / Art

現代詩花椿賞について

資生堂では資生堂ギャラリーをはじめとした芸術文化支援活動を長年にわたり行っておりますが、現代詩花椿賞は「美を伝えることばの力を高めたい」という思いから、1983(昭和58)年に創設した賞です。
活字離れや日本語の乱れが指摘される昨今において、現代詩と詩作に携わる方々への支援を通じて、ことばが本来持つ力を再発見し、表現力、想像力に満ちた、豊かな社会づくりに貢献したいと願い、これまで活動を継続してきました。

選考年度は前年の9月1日からその年の8月31日で、年度内に発行された詩集のなかから、もっともすぐれた1冊に贈るもので、毎年4人の選考委員が選考を行います。委員の任期は4年で、毎年1人ずつ交代します。

受賞者には、資生堂が制作した特製香水入れと、副賞として賞金100万円が贈られます。

特製香水入れ

特製香水入れ

賞の創設にあたり尽力いただいた故・宗左近氏(詩人・評論家・仏文学者・翻訳家)は「お化粧も詩である、ファッションも詩であるという立場に僕は立ちたいんです。資生堂の仕事というのは、日常にあって日常を超えること。現実を童話の世界に変えること。一種の魔法。だから、詩と同じなんです」と、現代詩花椿賞によせる思いを語ってくださいました。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報