1. Home
  2. ビューティー / アート
  3. 現代詩花椿賞について

ビューティー / アート
Beauty / Art

現代詩花椿賞について

資生堂では資生堂ギャラリーをはじめとした芸術文化支援活動を長年にわたり行っていますが、現代詩花椿賞は「美を伝えることばの力を高めたい」という思いから、1983(昭和58)年に創設した賞です。
活字離れや日本語の乱れが指摘される昨今において、現代詩と詩作に携わる方々への支援を通じて、ことばが本来持つ力を再発見し、表現力、想像力に満ちた、豊かな社会づくりに貢献したいと願い、これまで活動を継続してきました。

選考年度は前年の9月1日からその年の8月31日で、年度内に発行された詩集のなかから、もっともすぐれた1冊に贈るもので、毎年4人の選考委員が選考を行います。委員の任期は4年で、毎年1人ずつ交代します。

受賞者には、資生堂が制作した特製香水入れと、副賞として賞金100万円が贈られます。

特製香水入れ

特製香水入れ

賞の創設にあたり尽力いただいた故・宗左近氏(詩人・評論家・仏文学者・翻訳家)は「お化粧も詩である、ファッションも詩であるという立場に僕は立ちたいんです。資生堂の仕事というのは、日常にあって日常を超えること。現実を童話の世界に変えること。一種の魔法。だから、詩と同じなんです」と、現代詩花椿賞によせる思いを語ってくださいました。

第35回現代詩花椿賞

井坂洋子『七月のひと房』(栗売社分室)

受賞作品

受賞作品 『七月のひと房』

受賞のことば 井坂洋子

十代のころ、ことばと戯れる欲望から書き始めました。それからかなり変化してきたように思います。詩の定義は書き手の数だけあると思いますが、それは書いている人間が、詩とは何かを、書くことで探しているということでしょう。
 しかし、ほんとうに、詩とは何かを考え続けてきたのかどうか、あやしいものです。ことばと戯れつつ、ひょっと何かを掴んだ瞬間の高揚があって、今に到っている気もします。ただ、一篇ずつが読む人の中でひろがっていくことばの姿まで追って書くようになったのはわりあい最近のことです。『七月のひと房』は、一冊にまとめる段階で、共鳴の磁場をひろげたい気持がありました。
 今、私にとっての詩は、泡のごとく流れ去る社会の動きや私的な出来事の綴じ糸になればいいということと、日々を彫りの深いものにしていくための何か、でしょうか。その力が萎えそうになるのを支えていただいた今回の受賞に、感謝いたします。

受賞者略歴

井坂洋子(いさか・ようこ)

1949年 東京生まれ 上智大学文学部卒業。10代の頃から詩作をはじめる。過去の主な詩集  『GIGI』(1982 年、H氏賞)、『地上がまんべんなく明るんで』(1994年、高見順賞) 『箱入豹』(2003年、藤村記念歴程賞) 『嵐の前』(2010年、鮎川信夫賞)など。

選評

「選評」 小池昌代

受賞作『七月のひと房』は、死と生誕とを同時に孕む、深い闇に言葉が浸っている。読者を引きずり込む言葉の吸引力は並大抵のものではない。言葉の表情はさり気ないが、行と行が奥行きを創造し、いつしかそこに我々の日常が、未知の風貌で照らし出される。性や固有名を超え、ただ一つの生命体として時空に広がる豊かな「老い」。生命の黒蜜を舐めたような気持ちになった詩集だ。
 心残りは、うるし山さんの『時間になりたい』。その変な面白さをどう読んだらいいか。選考会が盛り上がった。いきなり突出する凄い部分と、案外平凡なところが同居している。だが言葉はいまだ生乾きで、現実を簡単に解決していない。貞久さんの『具現』は、現実の写生という非常に興味深いテーマを持つ。同じことと同じようなことの二重性と、その隙間をめぐる言葉の闘いともいえる。ただ、この魅力的な考えの巡りが、回帰でなく向こう側へと突き抜ける日は来ないのだろうか。

「感想」 池井昌樹

鈴木一平の第一詩集『灰と家』に強く惹かれた。描かれてある事柄が俄には判らぬまま息を潜めて読み終えた後、読者である私の一部始終が逆に見透かされていたと気付いた。詩の醍醐味である。この詩集には、読者の感性を無垢な状態へと一瞬引き戻させる雪のような力がある。人工斧鑿の痕のない、水もしたたる原初の詩魂の復活を強く感じた。
貞久秀紀『具現』の反復、彷徨、その刻苦の諸篇いずれにも何処か懐かしい陽溜まりの匂いがする。これまでの詩集一冊一冊を踏石として到り着いた境地、その証に相違ないが、読者へも同じ刻苦を強いるその意匠を脱ぎ去った輝く裸身をいまいちど仰ぎ見たいのだ。
井坂洋子『七月のひと房』には最古の故郷と故郷に微睡まどろ む最古の幼心、そして、それら全ての喪失がある。ヒトの世の根源に宿る記憶にも、その消滅にさえ無自覚な「いまここ」への静かな、烈しい警鐘とも捉え、選考委全員の総意として本詩集を受賞作と決定した。

「選評」 杉本真維子

井坂洋子『七月のひと房』は、ひたすら低地へと向かう言葉が、足元にひとりぶんの土を固める。その土に他人は近づけないが、近づかれないからこそ“ひとりぶん”が他人から見えるものになっている。体は心を容赦せず、制御不能なものは消えることなく暴れつづけるが、自分の手に負えないという危機のふちで、心身よりもたしかなものたちが出会っていた。その営みに打たれた。「出先で/男ばかりとたてつづけに会った夜は/窓を開け放つ/好きな男とざくろを割って食べ/なだめられて眠り/幼少の一日に/少し近づく」(「匿名詩」)。うるし山千尋『時間になりたい』は、似ているけれど異なるものの間に線を引いていく。その位置の見極めにおいて、作者にしか書けない詩を書いている。いびつ に線を引いた「虎挟み」などとくに面白かった。貞久秀紀『具現』は、認識へと至るまでの速度を極限まで落とすことで、意味として統合される以前のもののかたちを具現化している。現代に必要なものの見方だと思った。

「型をなぞらない感じ方」 福間健二

井坂洋子『七月のひと房』は、いわゆる「いい詩」「いい文学」の先へと進んでいる。コンパクトな作品の組み立てで生の瞬間をとらえ、人の誕生から死までと宇宙を意識させる。若い女性が生き方の参考にできそうな最新の「男性研究」といった面をもつ作品もある。詩歴ある詩人の、型をなぞらない感じ方。その徹底が見事であり、切れ味よりも不器用さの力に託すような箇所もすばらしい。
うるし山千尋『時間になりたい』は「いいよ、これ」と言ってまわりたくなる。偉そうにするのとは正反対の低い位置で、他者に出会い、現在の空気をつかむ。井坂詩集に迫っていた。貞久秀紀『具現』は、写生+緩やかな物語をレトリックに包みこむ。「いい文学」の、ひとつの到達点。であるが、どこか壊れてくれという不満が残る。鈴木一平『灰と家』は、若い才能がその持てる力をトータルに示そうとしているが、縦書きと横書きなど、「分割」した作り方が逆効果だと思った。

選考経過

第35回「現代詩花椿賞」の選考会を、2017年9月19日午後2時15分より、東京銀座資生堂ビル8階サロンにて行いました。選考対象は2016年9月1日から2017年8月31日までに発行(奥付に記載)された詩集。小池昌代氏、池井昌樹氏、杉本真維子氏、福間健二氏の選考委員4氏から、計10冊の詩集が推薦されました。池井氏を座長とする審議により、午後4時40分、貞久秀紀『具現』、うるし山千尋『時間になりたい』、井坂洋子『七月のひと房』、鈴木一平『灰と家』の4冊を最終候補作に決定。さらに討議を重ねた結果、午後6時12分、受賞作を決定しました。受賞者には特製香水入れと賞金100万円が贈られます。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報