香らせ上手になる、香りの性質と基本

香らせ上手になる、香りの性質と基本

目に見えないのに、その人の印象を記憶に残す「香り」。上手に使って好印象につなげるには?嗅覚や匂いの基礎知識、香りの性質や香水などのつけ方の基本について、資生堂の研究員が解説します。

知っておきたい香りの性質とは?

香りは、さまざまなメッセージを伝えるコミュニケーションツール。ファッションと同じように、自分のなりたいイメージを表現することができます。香水などの香りを上手に使うために、嗅覚や匂いについての基礎知識をもう一度おさらいしておきましょう。

嗅覚はマヒしやすい

濃度の高い香水をつけているときや、強い芳香剤を室内で使っているときは要注意。使っている本人は周囲の人が感じているほど強く感じていないことがあります。

嗅覚は好き嫌いに敏感

タバコが嫌いな人は、タバコの匂いに敏感なように、嗅覚は嫌いな匂いに対してとくに敏感です。他の人が気にならないような匂いでも、いたたまれないと感じることもあり、香りの好みは千差万別。自分の好きな香りが必ずしも相手も好きとは限りません。

匂いは下から上にたちのぼる

立ちのぼったときに快く香る場所につけると効果的。直接鼻に届く身体の中心は避けましょう。

温度が高いほどよく香る

香りは温度が高いほどよく香るので、手首、ひじ、ひざの内側、耳の後ろなど脈を打っているあたりにつけるのがポイント。比較的体温の高い部分や、髪でかくれる部分につけると、よく香り立ちます。

香りのつけ方、基本のポイント

まず、「清潔な肌に直接つける」こと。香水などの香りは体温で温められ、肌の匂いとミックスされてその人だけの香りになるので、直接素肌につけるのが基本です。香りを引き立たせるために、汗や汚れのない清潔な肌につけましょう。汗をかいている肌につけると、汗と混じって不快なにおいを発することに。汗をかきやすい場所は避けたほうが賢明です。もうひとつのポイントは「身体の広い範囲につける」こと。英語では「香りをつける」ことを“wear”と表現します。つまり香りは“着る”もの。目に見えないコスチュームだから、なるべく身体の広い範囲に平均的につけるようにしましょう。

香りのつけ方、基本のポイント イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す