キューティクルってどこ?毛髪の基礎知識

  • ヘアケア
  • お手入れ
  • キューティクル
  • 髪のダメージ
キューティクルってどこ?毛髪の基礎知識

美容室やシャンプーのCMなどで耳にしたことのあるキューティクル。それって髪のどの部分でどんな役割があるの?髪の断面図から毛髪の基本構造について、資生堂の研究員が解説します。

髪の毛の構造ってどうなっているの?

1本の毛髪は、外側から中心に向かって3つの層からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。それぞれの役割をご紹介します。

毛髪の断面図 イメージ

1本の毛髪は、外側から中心に向かって3つの層からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。それぞれの役割をご紹介します。

つやとして見えるキューティクル

キューティクル(毛小皮:毛表皮)は、毛髪の表面をおおっている部分。外部の刺激から毛髪内部を守り、コルテックスのタンパク質や水分が失われないように働くと同時に、髪につやを与えています。根もとから毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、1枚の細胞は非常に薄く、通常6~8枚が密着した層をなしています。健康な髪は、紋理が規則的に整った波状をしていますが、傷んだ髪は乱れています。主成分は、イオウ含有量の多いケラチン(硬質タンパク質)で、色は無色透明。硬い反面、もろくて摩擦に弱いため、無理なブラッシングや乱暴なシャンプーによって傷ついたり、はがれやすくなったりします。

ヘアアイロンではキューティクルが溶けることも。さらに傷んでキューティクルのほとんどがはがれてしまうと、内部のタンパク質が流出し切れ毛や枝毛の発生しやすい状態に。

しなやかさを左右するコルテックス

コルテックス(毛皮質)は、キューティクルの内側にあり、毛髪の85~90%を占めています。紡錘形をした繊維状のケラチンタンパク質の集合体で、弾力性に富み、コルテックスの状態によって、毛髪の性質(太さ、硬さ、強さなど)が決まります。通常12~13%の水分を含み、この水分量が毛髪のしなやかさを左右します。メラニン色素を含み、その種類によって毛髪の色を決めている部分でもあります。薬品の作用を受けやすく、パーマ剤の影響でタンパク質が溶けだしたりすることもあり、つやがなくなったり、水分調整機能が低下することもあります。

毛髪の芯となるメデュラ

メデュラ(毛髄質)は、毛髪の芯にあたり、空気を含んでいるため空洞となった蜂の巣状の細胞が並んでいます。鉛筆の芯のように完全につながったものや、ところどころが切れているもの、まったくないものなど、その形状はさまざま。一般的に太い毛髪ほどメデュラが多く、うぶ毛や赤ちゃんの毛髪にはありません。

1本の髪、基本は3層構造

日本人の髪の太さの平均値は、0.07mm~0.10mm。そこに3つの層が凝縮しています。よく耳にするキューティクルはもっとも外側にあって、つや・光沢に関わる部分。とてももろいため、傷つけないようていねいにケアしましょうね。

1本の髪、基本は3層構造 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す