汗の種類とにおいについて

汗の種類とにおいについて

べたつきやにおいのもとになる汗。ひとことで「汗」といっても出てくる場所によって、種類がちがうこと、ご存じでしたか?汗をにおわせないために気をつけることなど、資生堂の研究員が解説します。

汗の役割ってなんですか。

最も重要な役割は、体温の調整です。人間は絶えず汗を分泌し、皮ふ表面から蒸散するときの気化熱を使って体温を一定に保っています。また、皮ふ表面で皮脂と混ざり合って皮脂膜をつくり、皮ふを保護しています。

汗に種類があるの?

発汗にはいくつか種類があります。気温が上がった時の汗、お風呂に入ったり運動をしたときにかく汗、緊張したとき、辛い物を食べた時の汗のほかに、目に見えない水分の消失があり、それを不感知性発汗といいます。その量は1日に平均900mLとも言われています。汗をかいた、という自覚のないままに失っている水分。のどが渇く前に、こまめに水分を補給するのがおすすめです。

無臭の汗とにおう汗のちがいは?

汗を分泌する汗腺は2種類あり、それぞれ特徴があります

エクリン腺と汗

エクリン腺は、ほぼ全身にある汗腺。日本人は平均して約230万個といわれています。エクリン腺からの汗は、血液中の水分をもとにつくられているため99%が水分。ほとんど無臭で弱酸性です。

アポクリン腺と汗

アポクリン腺は、毛包(毛根を包む袋)とともにある汗腺。わきの下など身体のごく限られた一部にあり、汗は毛に沿って分泌されます。アポクリン腺からの汗も本来無臭ですが、含まれている少量のタンパク質が皮ふ表面の細菌によって分解され、特有のにおいを発します。

汗腺の構造 イメージ

アポクリン腺は、毛包(毛根を包む袋)とともにある汗腺。わきの下など身体のごく限られた一部にあり、汗は毛に沿って分泌されます。アポクリン腺からの汗も本来無臭ですが、含まれている少量のタンパク質が皮ふ表面の細菌によって分解され、特有のにおいを発します。

汗をかいたら、こまめに拭きましょう。

汗は、本来無臭ですが、アポクリン腺から出たものは皮ふ表面でにおいを発するものに変わります。汗をかいたらそのままにせず、こまめに拭くように心がけましょう。水分補給も忘れずに!

汗をかいたら、こまめに拭きましょう。 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す