知って防ごう紫外線(2) 肌を守るポイント

  • 肌トラブル
  • 日焼け止め・日やけ止め用化粧品
  • 紫外線(UV)
知って防ごう紫外線(2) 肌を守るポイント

紫外線対策は、基本が大事。外出時に気をつけることや生活シーンにあわせた日やけ止め用化粧品の選び方、SPF・PAについてなど、賢く肌を守るポイントについて、資生堂の研究員が解説します。

紫外線から肌を守るには?

いちばんの方法は、肌を直接、紫外線にさらさないこと。直射日光を防ぐ工夫をすることで、影響をかなりやわらげることができます。

外出の際には、日傘をさしたり、つばの広い帽子をかぶること。また衣類で肌を包むことなどが有効です。また、日中用美容液や日やけ止め乳液などは、肌を紫外線から守る強い味方。ファンデーションも肌を紫外線から守るのに重要な役割を果たします。

サンケア指数、SPFとPAとは?

SPF(=Sun Protection Factor)

B紫外線(UV-B)に対するサンケア指数は、SPF○○と表示されています。○○部分の数値が高いほどB紫外線を防ぐ効果が高いことを表しています。(もっとも高い数値(表示)は50+まで)

PA(=Protection Grade of UVA)

A紫外線(UV-A)から肌を守る効果を示す記号です。+(ワンプラス)から++++(フォープラス)の4段階に分けて表示します。+の数が多いほどUVA防御効果が高いことを示しています。

シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方は?

その場所の紫外線の強さ、浴びる時間、時間帯などから適した紫外線防止用化粧品を選びましょう。紫外線防止用化粧品は、日やけ止め、紫外線防止機能をもつ乳液、化粧下地、ファンデーションなどがあります。表示してあるサンケア指数を目安にします。

生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方 イメージ

日常生活では

  • 紫外線防止用化粧品(日やけ止め用化粧品)で紫外線から肌を守る。B紫外線(UV-B)、さらにA紫外線(UV-A)も含めた紫外線の遮断・散乱に適しているものを選ぶ
  • 外出時には帽子、日傘などで日ざしを防ぐ。とくに郊外や海山は紫外線が強力なので要注意。
  • 曇りや霧の場合も、紫外線は思いのほか強いので油断しないこと

スポーツ・レジャーでは

  • 出かける地域の紫外線の強さ、紫外線を浴びる時間帯などを考え、紫外線防止用化粧品(日やけ止め用化粧品)を選ぶ
  • 肌にむらなくついていることが大切。泳いだあと、汗をかいたあとはその都度つけなおす

紫外線防止用化粧品選びはSPFとPAを目安に

紫外線から肌を守るには、直接 素肌をさらさないこと。帽子や衣類で守るのはもちろん、紫外線防止用化粧品(日やけ止め用化粧品)も上手にとり入れて。出かけるシーンにあわせてSPF・PAを目安に選んでくださいね。

紫外線防止用化粧品選びはSPFとPAを目安に イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す