秋冬の肌はどんな状態?

秋冬の肌はどんな状態?

肌を刺す寒さ、カラカラに乾く空気・・・四季がある日本では、季節ごとに肌をとりまく環境もがらっと変わります。秋の肌、冬の肌に起こりやすい肌悩みについて、資生堂の研究員が解説します。

乾燥や冷え、肌も冬眠モードに?

秋冬は、気温・湿度が低下する屋外でも暖房を使いはじめる室内でも、肌が乾燥にさらされる季節です。また、肌が冷えることで肌の機能が鈍ったり、皮ふの活力が低下したりして、いきいきとしたはりが失われやすいのも特徴です。

秋に現れやすい肌状態

秋の始めには、夏の間浴び続けた紫外線の影響で「シミ・ソバカス」「くすみ」が目立ちます。さらに、紫外線を浴び続けることにより、肌内部のコラーゲンなどがダメージを受け「はりのなさ」を感じやすく。晩秋から冬に向かっては、気温・湿度が低下により血液循環も鈍りはじめ、皮脂や汗の分泌が減少。皮脂膜が十分つくられなくなり、目もと、口もとほおなどに「かさつき」が目立ちはじめます。

冬に現れやすい肌状態

ますます寒さ、風の冷たさなどが増し、肌の「乾燥」「肌あれ」が進んでしまいます。肌内部の働きが低下することで、「しわ」「はりのなさ」「くすみ」につながります。さらに暖房でも肌の水分が奪われ「乾燥」に追い打ちをかける状態に。また、スキーなどのウインタースポーツでは、肌に受ける紫外線の量が多くなるシーンも。

乾燥を防ぐことで秋冬も美肌に!

この季節はとにかく肌を乾燥させないように気をつけましょう。いつもより保湿効果の高いアイテムでお手入れしたり、加湿器で空気の乾燥を防ぐのもいいですね。また、肌が冷たいままになるといきいきした肌が生まれにくくなるため、血行をよくするマッサージなどを取り入れるのもおすすめです。

乾燥を防ぐことで秋冬も美肌に! イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す