美しい肌を保つためには?(1) 角層を「育む」スキンケア

美しい肌を保つためには?(1) 角層を「育む」スキンケア

肌のいちばん外側にあり、美肌の鍵をにぎると言われる角層。その角層を「育む」ってどういうこと?どんなアイテムを使えばいいの?美肌を保つ基本のスキンケアについて、資生堂の研究員が解説します。

美肌の鍵をにぎる「角層」とは

角層は、肌のもっとも外側にあり、バリア機能・保湿機能という重要な役割を果たしています。そのために角層は、さまざまな活動を行っています。乾燥や紫外線などの外的要因や加齢・ストレスなどの内的要因の影響を受け、バリア機能・保湿機能が低下した角層は、肌の健やかさを保つことができず、さまざまな肌悩みへとつながります。

健やかな角層を「育む」スキンケアって?

角層の活動をトータルに育み、維持するために、

  • 水分をたっぷり補給する
  • ケラチン繊維を整列させる
  • CEを成熟させる
  • 細胞間脂質の配列を整える
  • NMF(天然保湿成分)の産生を促す。

などによって健やかな角層に導きます。

CEとは・・・角層細胞の1つひとつを包む丈夫なたんぱく質の袋

角層を「育む」機能のある化粧品は?

化粧水・乳液は肌のバリア機能と保湿機能を整えて、表情による角層の折れ線を防ぎ、「うるおいと透明感のある肌」にします。化粧水・乳液(保湿液)は、角層の働き・状態を良好に保つために必須な基本アイテムです。

化粧水

うるおいを与える。CEが成熟するように肌環境を整える。ケラチン繊維が折れないようにピンと張らせる。

乳液(日中用/夜用含む)

細胞間脂質を整える。CEが成熟するように肌環境を整える。ケラチン繊維が折れないようにピンと張らせる。

保湿液

1本で化粧水と乳液、両方の働きを担う。

角層を「育む」ケアは、毎日欠かさずに。

化粧水・乳液(保湿液)は、角層の働き・状態を良好に保つために必須な基本アイテムです。毎日、朝と夜のお手入れに取り入れましょう。

角層を「育む」ケアは、毎日欠かさずに。 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す