美しい肌を保つためには?(2) 悪影響を「取り除く」スキンケア

美しい肌を保つためには?(2) 悪影響を「取り除く」スキンケア

肌に不要なものが残っていたら、美肌に悪影響を及ぼすはず。メーク落としや洗顔など「取り除く」ケアの大切さを見直してみませんか。美肌を保つ基本のスキンケアについて、資生堂の研究員が解説します。

汚れを残さないことで肌トラブル防止

肌の汚れには、チリやホコリ、細菌、大気汚染による化学物質など外部から受けるものと、汗や皮脂、古くなった老廃物など肌から生まれて肌表面に残っているものとがあります。またメーキャップも時間が経過すると汚れとなります。これらをそのままにしておくと、肌のザラつきや毛穴の黒ずみ、にきびなど肌トラブルの原因となります。

悪影響を「取り除く」機能のある化粧品は?

洗顔は、肌を清潔にするために必要な基本アイテムです。(メークをしている場合はメーク落としも含む)。それ以外の除去アイテムは、肌状態やニーズに合わせて特化した機能をもつ特別なアイテムです。

メーク落とし

メーキャップをすっきりと落とす。

洗顔フォーム/洗顔せっけん/洗顔パウダー

素肌の汚れ、不要なものを洗い流して落とす。

除去化粧水/除去クリーム/除去マスク・パックなど

洗顔などでは落としにくい、肌にとって不要なもの(角栓、重層化した角層など)を取り除く[ふきとる、あるいはマスクやパックなどに付着させて落とす]

肌を清潔にすることが、美肌の第一歩です。

毎日きちんと汚れを取り除いて、肌を素の状態にすること。肌トラブルが防げるだけではなく、その後に使う、角層を育む化粧水などが肌にすーっとなじんでいきますよ。

肌を清潔にすることが、美肌の第一歩です。 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す