かしこくお手入れ (4) くすみ

  • スキンケア
  • お手入れ
  • ストレス
  • 加齢と肌
  • 紫外線(UV)
  • 美容液・クリーム
  • 肌のくすみ
  • 食べて肌づくり
かしこくお手入れ (4) くすみ

「疲れてる?」と聞かれる原因になりやすい肌のくすみ。実は、複数の理由が重なって起こることが多い肌トラブルです。上手なお手入れ法や食べてサポートする内面美容について、資生堂の研究員が解説します。

肌に透明感がない、くすみの原因は?

まずは紫外線によるメラニンの増加が考えられます。そして体調不良や、ストレス・疲れによる血液循環の不調、ビタミン不足。加齢による乾燥。くすみは、これらの要因がいくつか絡み合って起こる場合が多くみられます。

肌状態・特徴

くすみ

  • 肌につやや透明感がない。
  • 肌が黄ぐすんだり、黒ずんだりして見え、明るさが感じられない。
くすみの図 イメージ

くすみ

  • 肌につやや透明感がない。
  • 肌が黄ぐすんだり、黒ずんだりして見え、明るさが感じられない。

どんなふうにお手入れすればいいの?

肌の生まれ変わりを順調にして重層化を防いだり、血液循環を促して新陳代謝を高めるクリームでのケアがおすすめです。また、睡眠不足などで疲れがたまると、皮ふに血液が十分に行き渡らず、新陳代謝が低下して肌が疲れた印象に見えるので、十分な睡眠や休息をとりましょう。たばこはニコチンの作用で血管が収縮し血液循環が悪くなったり、過酸化脂質を増加させるので吸いすぎには注意です。

◇食べて肌づくり、内面美容のおすすめは?

血液循環と毛細血管の強化に関わるビタミンE、ビタミンC、ビタミンP(ヘスペリジン・ルチン)を摂るとよいと言われています。さらにターンオーバーを整えるビタミンA、睡眠不足などによる自律神経のバランスを整え、血液循環を順調にするローヤルゼリーも。ビタミンCは過剰なメラニン色素の生成抑制、貧血を予防・改善する鉄の吸収率を高めるためによいそうです。

内面美容 イメージ

順調な生まれ変わりで、くすませない。

睡眠不足やたまった疲れで血液の流れが悪くなると、つやや透明感が失われ、くすんだ印象に。スムーズな肌の生まれ変わりのために体調を整えることも大切です。

順調な生まれ変わりで、くすませない。 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す