美肌ってどんな肌状態のこと?

美肌ってどんな肌状態のこと?

「あのひとの肌きれい!」と思うとき、わたしたちはどこで判断しているのでしょう。健康で美しく見える肌の条件や、客観的に測定する機器などについて資生堂の研究員が解説します。

健やかで美しい肌とは

健やかで美しい肌ってどんな肌?ここでは、目で見て、手で触れて健やかで美しい肌を実感するための3つの要素をご紹介します。

美肌の3大要素はこちら

1.みずみずしいうるおいが感じられる

角層の状態がよく、水分が十分に保たれている状態。

・目で見ると、きめがそろっている。

・手で触れると、しっとりしたやわらかさがある。

2. 血色がよく、透明感がある

肌の生まれ変わりが順調で角層の重層化がない。メラニン代謝も、血液循環も良好な状態。

・目で見ると、くすみがなく、肌色が明るく透明感がある。

・手で触れると、なめらかでごわつきがない。

3. はりと弾力がある

肌内部の働きが良好で、コラーゲンなどが十分に生みだされている状態。

・目で見ると、しわやたるみがない。

・手で触れると、弾むようなはりがある。

あなたの肌状態はいかがですか。

いま、目で見て、手で触れて感じた肌のこと、客観的に測定してみたらどんな肌状態になるんだろう。資生堂のお店では「スキンビジオム」を使って、多角的に肌を分析することができます。うるおい、透明感、はりの状態からあなたの肌の健やかさがわかります。

▶スキンビジオムを紹介するサイトへ

あなたの肌状態はいかがですか。 イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す