肌質チェック。あなたの肌は何タイプ?

肌質チェック。あなたの肌は何タイプ?

私の肌って「乾燥しやすい」「べたつきやすい」など、もともと持っている肌の性質を肌質といいます。大きく分けて4タイプ。見分け方をチェックしてみませんか。資生堂の研究員が解説します。

肌質は大きく分けて4つ

肌は、その肌がもっている水分量と皮脂の割合で性質が決まります。水分量を縦軸、皮脂の量を横軸として、この2つのバランスから「N肌」「O肌」「D肌」「DO肌」の4つに分類されます。このひとつひとつの肌タイプを「肌質」といいます。

縦軸:水分量の多少によって2分割する

角層の水分量の多い、少ない(感覚的にはしっとり、かさつきなど)によって表面のきめの状態やバリアとしての機能を果たしているかなど、角層の状態を判断することができます。

肌の水分量について イメージ

横軸:皮脂量の多少によって2分割する

皮ふ表面に分泌される皮脂(感覚的にはべたつき感など)の多い、少ないによって、肌の状態を判断することができます。化粧品の使用感触や、化粧くずれなどと関係が深い特徴になります。

皮脂分泌量について イメージ

4つの肌質とその特徴はこちら

N(エヌ)肌 うるおいはあるが変化しやすい肌

  • 皮脂量が少なめで水分量が多い
  • きめが整い、角層に水分が保持されている
  • 季節や環境により、脂っぽくなったり、かさついたりする
  • 毛穴は比較的小さく、目立たない

※角層の状態が比較的良好で、うるおいがある

O(オー)肌 うるおいはあるがべたつきやすい肌

  • 皮脂量も水分量も多い
  • きめが整い、角層に水分が保持されている
  • 過剰な皮脂によってべたついて、毛穴が開いたり、つまったり、にきび・吹き出物などもできやすい
  • 毛穴は比較的大きい

※角層の状態が比較的良好で、うるおいがある

D(ディー)肌 かさついてあれやすい肌

  • 皮脂量が少なく水分量も不足している
  • かさつきがちでつやがなく、肌あれを起こしやすい
  • きめは乱れて、皮溝が浅くなっている
  • バリア機能が低下しており、肌トラブルを起こしやすい
  • 毛穴は小さく、目立たない

※角層の状態が比較的不調で、うるおいが不足している

肌質について イメージ

あなたはどの肌タイプでしたか?

肌質のタイプがわかると、どのようなお手入れが必要か、どんな肌トラブルが起こりやすいかなどがわかります。毎日のスキンケアに役立ててくださいね。

あなたはどの肌タイプでしたか? イメージ

関連するキーワード

記事をシェアする

関連する記事

カテゴリから探す

キーワードから探す