赤ちゃんからのスキンケア ~0才肌から考える~

赤ちゃんにスキンケアが必要なわけ

赤ちゃんにスキンケアが必要なわけ

スキンケアするといいことあるの?

スキンケアをすることで肌のバリア機能を保ちます

スキンケアをすれば、乾燥や紫外線から肌を守ることができる。
これは皆さん、よくご存知ですよね。実はそれに加え、乾燥を防ぐことで肌あれを抑制し、細菌やウイルスなどがからだに侵入するのを防いでくれる機能もあります。

だからこそ、スキンケアにより健やかな肌を保つことが大切なんです。これって、私たち大人はもちろん、デリケートで乾燥しやすい肌の赤ちゃんにも大事な知識だと思いませんか?

  • 正常な肌皮膚の構成図
  • バリア機能が低下した肌皮膚の構成図

赤ちゃんにスキンケアすると..?

早い時期からスキンケアをはじめることで
アトピー性皮膚炎の発症リスクが低くなることがわかりました

「なるべく余計なものはぬりたくない」「赤ちゃんは自然のままのほうがいい」など、赤ちゃんのスキンケアに関してさまざまな考えがあり、長い間議論されてきました。

そんな中、「新生児期から全身の保湿ケアをすることでアトピー性皮膚炎の発症リスクが低下した」という研究成果*が発表されました。

このことから、乾燥が気になる部分だけでなく全身に保湿をすることが大切であることがわかります。

是非、早い時期から保湿のスキンケアをしてあげましょう。

* Horimukai K et al., J Allergy Clin Immunol, 2014; 134(4): 824-830.

研究成果の概要
アトピー性皮膚炎の家族がいる新生児(118名)を対象とし、2つのグループに分けて生後7日目から8ヶ月後まで観察しました。
・「毎日全身に保湿するグループ」:洗浄料+乾燥している部分に保湿(ワセリン)+毎日全身に保湿(乳液) ・「乾燥した部分に保湿するグループ」:洗浄料+乾燥している部分に保湿(ワセリン) その結果、「毎日全身に保湿する」ことでアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下しました。

肌あれとアレルギーが関係してるってほんと?

荒れた肌から食べこぼしやダニの破片などが入り、
アレルギーを起こす可能性があることがわかってきました

肌あれするとバリア機能が低下して、外からさまざまな物質が侵入しやすくなります。食べこぼした食品、花粉、ハウスダストに含まれるダニの破片などがアレルギーの原因になる可能性があるのです。

これまで「食物アレルギー」は食べることでアレルギー症状を引き起こすもの(アレルゲン)が体内に入り、発症すると考えられていました。しかし、最近では口からだけでなく、肌を通じて体内に侵入することも発症要因のひとつとして注目されはじめています。そして、肌あれや湿疹がひどくなると、よりアレルゲンを取り込みやすくなる可能性があることもわかってきました。

このページをシェア

2e(ドゥーエ)

2e(ドゥーエ)

赤ちゃんの肌を根本から見つめなおして誕生した「ドゥーエ ベビー プラス」、敏感な肌の方のために開発された「ドゥーエ」をご紹介しています。

d プログラム

d プログラム

「ときどき敏感肌」を予防する。
肌あれをくり返さないよう守り、美肌バリア機能を整えて育む。
『守る』×『育む』を両方叶えて、いつ見られてもいい素肌へ。

IHADA

IHADA

顔の湿疹や皮膚炎、かゆみ、乾燥に困ったら、「イハダ」の肌トラブル治療薬。ノンステロイドの有効成分が効いて治します。症状によってお選びください。

フェルゼア

フェルゼア

「フェルゼア」は、乾燥に悩むすべてのお客さまに向けて、1988 年に資生堂の長年の皮膚基礎研究、製剤研究のノウハウと、化粧品の心地よい使用感を医薬品に活かし誕生したハンド&ボディーブランドです。