1. Home
  2. 会社案内
  3. 資生堂のビジョン

会社案内
About Us

資生堂のビジョン

資生堂のビジョン

「美しい生活文化の創造」というミッションのもと、美しさを通じて人々が幸せになるサステナブルな社会の実現を目指しています。

私たちの強み

  • 140年を超える歴史

    140年を超える歴史

    資生堂は、1872年、日本初の洋風調剤薬局として、東京・銀座で創業しました。
    社名の由来ともなっている、新たな価値の発見と創造をめざすという創業の想いを140年以上の歴史の中で脈々と受け継ぎ、独自の伝統を築き上げてきました。
    これらは資生堂が将来にわたって発展し続ける上で大切な、資生堂ならではの基盤・強みとなっています。

  • グローバルな事業展開

    世界第5位、世界約120カ国で展開、売上高8,503億円

    化粧品メーカーとして世界第5位の規模を誇り、現在、約120ヵ国で展開しています。また、資生堂グループ全体の売上高は、8,503億円にのぼります。

    ※1 食品・日用品などを除く
    ※2 ANNUAL RANKING(2016年4月発行)
    ※3 2016年度実績

  • 強いブランド

    SHISEIDO GINZA TOKYO cle de peau BEAUTE DOLCE&GABBANA bareMinerals NARS

    資生堂は、売上100〜500億円規模のブランド・ラインを10以上に保有しています。
    それぞれ独自の価値を育みながら、全世界のお客さまに深く愛されるブランドへと成長しています。

  • Technology & Science

    Technology & Science

    資生堂は、高機能・高品質・高い安全性を持った新しいコンセプトの化粧品と最先端の美容法を創出し続けています。
    この土台となっているのは、磨き上げられた研究開発や生産における業界屈指の技術基盤です。

  • OMOTENASHI

    OMOTENASHI

    資生堂は、お客さまに外見の美しさだけでなく心まで豊かになっていただくことをめざし、全世界で約22,000名のビューティーコンサルタントがお客さま一人ひとりと向き合い、資生堂のブランド力を体現しています。

  • Sense of Beauty

    Sense of Beauty

    長い歴史の中で培ってきた、資生堂の美に対する感性は、自然や季節を大切にするという考えや、細部にこだわり続ける姿勢などにより、グローバル企業の中でも日本発の化粧品会社としての独自の強みとなっています。

  • Art & Design

    Art & Design

    創出した価値を提案し、伝える、独自のクリエーションが資生堂の大きな強みとなっています。1916年の資生堂意匠部発足以降、この強みにより、日本の宣伝・広告、デザイン界を牽引しています。

  • Human Centric

    Human Centric

    お客さま起点を追求し、ビューティーコンサルタントを通じてお客さまに価値を伝達するなど、資生堂の事業は人を中心としたものです。お客さまや社員といった「人」を大事にし続けてきた信念は、資生堂の価値形成の根幹となっています。

私たちの未来

  • VISION 2020

    100年先も輝き続ける、資生堂の原型をつくるため、 2020年までの中長期経営戦略「VISION 2020」を2014年12月に策定しています。

    世界中のお客さま、社会から支持され、 必要とされる会社へ

    ・成長エネルギーが充満した会社へ ・若々しさがみなぎる会社へ ・世界中で話題になる会社へ ・若者があこがれてやまない会社へ ・多様な文化が混じりあう会社へ
    グラフ 売上高 グラフ 営業利益 グラフ ROE
  • 100年先も、お客さまとともに輝き続ける資生堂であるために。

    • イメージ画像 人物
    • イメージ画像 人物
    • イメージ画像 人物
    • イメージ画像 人物
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報