1. Home
  2. CSR / 環境
  3. コミュニティー参画および発展
  4. 社員による社会貢献活動
  5. 「社会貢献くらぶ」(社員が行う社会貢献活動)

CSR / 環境
Social Responsibility

社員による社会貢献活動

資生堂グループの社員による社会貢献活動は、グループ全体で行っている「未来椿活動」と日本で展開している「社会貢献くらぶ」を柱としています。
未来椿活動は、創業140周年にあたる2012年度から、全世界の資生堂グループ社員が取り組んでいる社会貢献活動です。これまでの資生堂の歩みを支えていただいたお客さまや社会に対して、社員が立案・計画した活動を実践することで、感謝の気持ちを還元していきます。
社会貢献くらぶは、「社会のために何かしたい」と考える社員のために、社員一人ひとりの環境や都合に合わせて選べる活動プログラムを提供することで、社会参画の機会を創出しています。

「社会貢献くらぶ」は、2005年に発足した国内の社員が手軽に社会貢献活動に参加できる資生堂独自の組織です。
「資生堂 花椿基金」をはじめ、「集めてボランティア」「TFT(TABLE FOR TWO)」「ボランティアメニュー」など、さまざまな活動プログラムやサポート制度を設けています。
「一人ひとりが社会問題解決の視点を持ち、自ら考え行動する」風土をつくるとともに、社員の社会参画と視野の拡がりを後押ししています。

資生堂 花椿基金

「資生堂 花椿基金」は、資生堂グループ社員と社友による寄付金を通じた社会貢献活動です。みんなで少しずつお金を出し合い、社会課題に取り組むNPOやNGO団体の活動を支援しています。趣旨に賛同した資生堂グループ社員は、毎月の給与から1口100円の積み立てを行い参加しています。
退職した社友は、一口1,000円から振込みにて参加しています。
運営は、有志の社員が運営委員となって行われ花椿基金の社内への広報や、各支援団体を直接訪問し支援希望や寄付金の活用状況などの情報収集を行い、毎年、運営委員会を開催して運営についての意見交換や新規支援団体の選出、支援内容の評価を実施しています。
2005年の創立以来、総額230,700,598円(05~15年度)を寄付金支援団体へお届けしています。
また、世界中で発生した災害に対しても災害義援金として、総額56,368,960円を被災地にお届けしました。
社員一人ひとりの気持ちが、大きな力となって確実に社会の力になっています。

2015年度花椿基金寄付金贈呈式

2015年度花椿基金寄付金贈呈式
世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)橋本さま(左から1人目)高田さま(左から2人目)に目録贈呈

Topics2016年度の支援団体が決定しました

2015年10月5日(月)に、花椿基金運営委員会を汐留オフィスで開催し、2016年度の支援団体を決定しました。

■2016年花椿基金支援団体一覧 (10団体)■
(1)    全国女性シェルターネット
(2)    資生堂社会福祉事業財団
(3)    全国色素性乾皮症(XP)連絡会
(4)    世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
(5)    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
(6)    日本自然保護協会
(7)    ジャパン・プラットフォーム
(8)    オペレーション・スマイル・ジャパン ⇒2016/6にて支援終了
(9)    ジョイセフ
(10)  JHP・学校をつくる会

運営委員会の様子

運営委員会の様子

Topics10年目…資生堂日やけ止め商品でXP患者支援

2014年3月、色素性乾皮症(XP)患者94名の方に、資生堂ブランド「アネッサ」「ドゥーエ」(※)、グループ会社資生堂薬品(株)より販売している「サンメディック」、(株)ピエール ファーブル ジャポンより販売している「アベンヌ」の日やけ止め商品を提供しました。

色素性乾皮症(XP)は、遺伝子の損傷を修復する機能障がいのために、強い日光過敏や神経症状を発症する進行性の難病です。
XP患者は、紫外線を受けた部分が早期にがん化する恐れがあるため、肌に日やけ止めを塗った上に紫外線防御服も着用する必要があります。

資生堂は社会貢献活動の一環として、2000年よりXP患者の方々に対する支援活動を開始し、患者ご家族を対象とするセミナー(日やけ止め商品の使用法)や、社員ボランティアによるXP患児の保育活動、花椿基金支援による全国大会の開催など、さまざまな支援活動を行っています。

2005年からは、資生堂の日やけ止め商品の使用を希望されるXP患者の方々への商品提供を行い、以来継続して年に1回、「全国色素性乾皮症(XP)連絡会」を通じてご希望の商品をお届けしており、2014年で10年目を迎えました。

患者のご家族からは、「紫外線カットクリームは、1年を通じXPの子どもたちの敏感な肌を紫外線や皮ふがんの発病から守ってくれるとても重要な必需品です。御社の商品を安心して子どもたちに使用させていただけますこと、心より感謝申し上げます。皆さまからの温かいご支援に感謝し、子どもたちとの日々を大切に過ごしてまいります」との声をいただきました。

お礼のメッセージカード

お礼のメッセージカード

「TABLE FOR TWO」の取り組み

TABLE FOR TWO、直訳すると「二人の食卓」。
先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトで、対象となるヘルシーメニューを注文すると、1食分の給食が TABLE FOR TWO International を通じて開発途上国の子どもたちへ届けられる仕組みです。

資生堂では「TABLE FOR TWO(以下 、TFT)」の主旨に賛同し、2009年7月の汐留カフェテリアへの導入から、2010年末には食堂施設のあるすべての国内事業所6ヵ所と学校法人 資生堂学園でTFTの活動に参加しました。
2014年4月からは、汐留オフィス、資生堂リサーチセンター(グローバルイノベーションセンター)、資生堂学園で継続実施しています。

開発途上国の子どもたちへの給食提供は、子どもたちの成育を助けるだけでなく、学ぶ楽しさの気づきや学ぶ意欲の継続への足がかりとなっています。食事をしながら社会貢献できるTFTへの支援をこれからも続けてまいります。

TFT事務局より頂戴した感謝状

TFT事務局より頂戴した感謝状

Topics保存食をおいしくアレンジ!「食」を通じて社会貢献

2015年11月26日(木)に、汐留オフィスの食堂委託会社である(株)LEOCのご協力のもと、賞味期限が残り1年未満の災害時用保存食を、TFTメニューとしてアレンジして提供する「保存食をおいしく食べようフェア」を開催しました。

災害発生に備えて保管している保存食は、賞味期限が迫ると入れ替えが必要になることから、資生堂では、「食料資源の有効活用」「環境への配慮」「社会貢献」を目的に、保存食活用に積極的に取り組んでいます。

7月に第1回のフェアを開催。5回目となる今回は、2種類の保存食メニューを143名の社員に提供しました。毎回おいしさにこだわり見た目にも楽しいメニューを用意し、途上国の子どもたちの給食支援につなげています。また、メニューを食べた社員には、家庭に備蓄している保存食にも応用してもらえるよう、メニューで使用した保存食とレシピのお土産を提供し、防災に対する意識啓発も図っています。

メニューを食べた社員からは、「保存食と分からないほどしっかり調理されていておいしかった」「早速レシピ通りつくってみたい」「食料の有効活用と寄付に協力できて嬉しい」などの声が寄せられました。また毎回新メニューを考案してくださる(株)LEOCの栄養士・大野さんからは、「試作を重ね、保存食のお米のぼそぼそ感をなくすよう工夫し、おいしく楽しんで召し上がっていただけるメニューを心がけました」との感想をいただきました。

累計喫食数は608食となり、総額12,160円をTFTの給食支援に寄付しました。
※保存食の一部は、フードバンクである「セカンド・ハーベスト」にも提供しており、児童養護施設の子どもたちやDV被害者のためのシェルターなどに届けられています。

保存食アレンジメニュー「海老クリームリゾット温玉のせ」

保存食アレンジメニュー「海老クリームリゾット温玉のせ」

お土産の保存食とレシピを提供

お土産の保存食とレシピを提供

集めてボランティア活動

2005年度から全社的に使用済み切手や書き損じハガキを集め、途上国の女性と妊産婦を支援する活動や子どもたちの教育支援を行っています。
通年で活動し、夏・冬年2回のキャンペーンを実施しています。
集めた使用済み切手や書き損じハガキは、「公益財団法人 ジョイセフ」を通じて、途上国の再生自転車輸送費やお母さんと赤ちゃんの命を救う活動に、「公益財団法人 民際センター」を通じて、タイ・ラオス・カンボジア・ベトナム・ミャンマーの子どもたちのダルニー奨学金として役立てられています。

ソーシャルスタディーズデー

1993年から年間3日を上限に、社員の社会貢献を目的にしたさまざまな活動を「社会へ出勤する日」として業務扱いとする制度です。
各種ボランティア活動、献血、ドナー登録、地域社会との交流などに利用されています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

主な活動領域

ISO26000中核主題別

スペシャルコンテンツ
関連リンク
メールマガジン
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報