1. Home
  2. CSR / 環境
  3. 労働慣行
  4. ダイバーシティ&インクルージョン

CSR / 環境
Social Responsibility

ダイバーシティ&インクルージョン

女性の活躍支援策

資生堂の男女共同参画は、社員の活力を高めて成果を上げ続ける組織風土づくりに向けての経営戦略のひとつと位置づけ、「企業にとって重要なステークホルダーである社員の企業に対する信頼を高める」ことを目的として積極的に推進しています。また「資生堂らしい、先進的な取り組みをすることにより、社外からの企業評価を高める」レベルをめざしています。
2005~2012年度においては「男女共同参画行動計画」を策定し、女性活躍に向けた意識と行動変革を求める「企業風土の醸成」に取り組むとともに、能力ある社員の登用を前提に「女性のリーダー任用と人材育成強化」を推進してきました。これと同時に、女性活躍の壁である長時間労働の是正と、社員のワーク・ライフ・バランス実現の観点から、全社的な取組みとして「生産性向上に向けた働き方の見直し」を進めました。
その結果、女性社員のキャリア意識醸成が図れ、女性リーダー比率が、2016年1月時点で27.0%となり、計画策定前から飛躍的に伸びてきています。また、「働き方見直し」は、全社消灯、定時退社デー等の実施を進めたことで、長時間労働者が減少、時間外労働を半減することができ、一定の成果を上げています。
今後は、障がい者や外国人と共に働くことによる、生産性のさらなる向上をめざすとともに、女性のキャリアステップにおけるロールモデルの構築や、多様な価値観に応じた柔軟で生産性の高い働き方を実現していきます。

※海外事業所の女性リーダー比率 64.5%

「女性活躍の3ステップ」

社会における女性活躍の3ステップ

女性も含めた多様な社員がその能力を発揮し、それぞれが活躍するための風土醸成の一環として、フォーラムを開催しています。
男女共同参画行動計画期間においては、「効率的な働き方への変革」や「女性社員の主体的なキャリア構築」をテーマとした「キャリアサポートフォーラム」を開催し、女性社員や管理職などの参加者から大きな反響がありました。

また、2015年11月には管理職を対象に、効率的な働き方や部下の育成をテーマとしたセミナーを実施し、12月には社内のロールモデル共有の場として「きゃりなびランチ」を開催し、社内の意識改革・風土醸成を継続的に推進しています。

「キャリアサポートフォーラム」の様子

「キャリアサポートフォーラム」の様子

Topics「日経WOMAN 女性が活躍する会社 Best100」で2年連続総合1位を獲得

資生堂は、「日経WOMAN 女性が活躍する会社 Best100」で2014年に続き2015年も総合1位を獲得いたしました。
「日経WOMAN 女性が活躍する会社 Best100」は、日経ウーマンと日経ウーマノミクスプロジェクトが実施する「企業の女性活用度調査」を「管理職登用度」、「ワークライフバランス度」、「女性活用度」、「男女均等度」の観点から採点、ランキングしたものです。

資生堂では、2004年から経営戦略の一つとして女性活躍支援を本格的にスタートさせました。現在では、男女ともにキャリアアップし、社員一人ひとりが会社への貢献度を更に高めることを目指しています。そのために、社員一人別に中長期的な育成方向を定め、業務や配置による成長を促す人材育成や、全社員を対象とした働き方の見直しを行っています。また2014年からは、店頭でお客さまの応対活動を行う美容職社員について、育児環境の情報共有化の徹底と、会社として育児期社員への期待を伝達するための個別面談をスタートさせ、美容職社員がステップアップできる働き方への改革を実施しました。

これらの取組みが高く評価され、この度の総合1位獲得となりました。
今後も、「2016年度中に国内資生堂グループにおける女性リーダー比率30%達成」の目標に向け、更なる取組みを推進して参ります。

表彰式での記念撮影

表彰式での記念撮影(2015年5月)
魚谷社長(前列中央)、関根常務(前列右から2番目)、副島役員(前列左から2番目)と社員たち

Topics内閣府主催 第1回「女性が輝く先進企業表彰」を受賞

資生堂は、内閣府男女共同参画局が2014年度あらたに創設した「女性が輝く先進企業表彰」において、『内閣府特命担当大臣表彰』を受賞いたしました。
この表彰は、女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、役員・管理職への女性の登用に関する方針、取り組み及び実績、並びにそれらの情報開示において顕著な功績があった企業を選定し表彰するものです。

資生堂は、1990年以降仕事と育児の両立支援として、法律に先がけた育児休業・育児時間制度等の社内制度の整備や、事業所内保育所の設置など、風土改革・社員の意識改革も含め、女性が活躍し続ける企業を目指し、早くからさまざまな取り組みを推進して参りました。
女性の登用についても「男女共同参画行動計画」などの成果により、国内グループにおける女性リーダー(部下を持つ任用リーダー)比率は、2014年4月時点で26.8%となりました。現在は男女がともにキャリアアップし会社への貢献度を高めることを目標とした人材育成を基本に、2016年度中に国内女性リーダー比率を30%とする目標達成に向けさらなる取り組みを推進中です。

資生堂は今後も女性の活躍を支援する取り組みを積極的に推進し、女性が輝く社会の実現を目指して参ります。

※2016年1月時点 女性リーダー比率27.0%

内閣府主催 第1回「女性が輝く先進企業表彰」を受賞しての記念撮影

受賞式での記念撮影(前列左端が常務の関根)(2015年1月)

女性リーダー比率

女性リーダー登用については、早期に女性リーダー比率30%を達成することを目標とし、リーダー任用候補となる女性社員に対し、高いレベルの業務課題を与える(業務の与え方)、また職域を広げる(異動)などを通じて、“しっかりと実績を上げマネジメントの基本を学ぶ”という経験を積ませるための「一人別人材育成」を推進しています。

※2015年までは各年4月1日時点の実績。2016年以降は各年1月1日時点の実績

女性リーダー比率の推移

障がい者の雇用

「誰もがいきいきと働くことができる職場づくり」をめざして、2006年1月、知的障がい者を中心とした「花椿ファクトリー」株式会社が特例子会社の認定を受けました。現在都内・大阪の3カ所で31名の社員が活躍しています。
2015年度の国内資生堂グループ全体の障がい者雇用率は1.96%です。

外国人の雇用

資生堂は、海外現地法人だけでなく、国内においても、従来より国籍を問わず多様な人材を採用しています。
本社における外国人採用にあたっては、在留資格など入国管理制度を順守しつつ採用し、入社後は就業規則に則り、適切に処遇しています。

定年後再雇用制度

資生堂では、会社で成長を遂げた熟年層が意欲と能力のある限り働き続けられるような環境を整え、活力ある企業体質をつくることを狙いに、2006年度より定年後の再雇用制度を導入しています。
法改正に伴い2013年度以降は、希望者全員を再雇用しています(※)。定年後の再雇用制度を活用することで、特に研究・開発・生産・販売等領域においては熟年層から次世代の社員への技術やノウハウの伝承を図っています。

また、さらに高い専門性を有する人材には、専門能力に見合う処遇を実現する「シニア・エキスパート制度」や「シニア・サイエンティスト制度」を適用しています。

※ただし、2013年度は法改正に伴う経過措置を適用
※2015年までは各年4月1日時点の実績。2016年以降は各年1月1日時点の実績

定年後再雇用者の推移(資生堂)

有期契約社員の雇用

国内資生堂グループでは、労働関連法規に則り、有期契約社員を雇用し、法令で定められた各種の社会保険や休暇についても、就業規則や各種規程に則り、適切に処遇しています。
また、資生堂では、退職した社員を再雇用する制度があります(※)。退職後に培った経験を再度資生堂で生かしていただきたいと考えています。

※採用時は有期契約社員として入社

派遣社員の就労

資生堂の各事業所および国内のグループ会社では、労働者派遣法に基づく派遣社員が就労しています。
資生堂グループでの派遣社員の就労にあたっては、労働者派遣法や派遣先の講ずべき措置に関する指針、その他の法令に基づき、派遣会社との契約書の締結や台帳の作成・管理、管理責任者の設置などを行っています。
今後も、法令の改正や解釈の変更に対して適切に対応していきます。

  • mixi
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

主な活動領域

ISO26000中核主題別

スペシャルコンテンツ
関連リンク
メールマガジン
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報