資生堂アースケアプロジェクト 美しく生きるためのエコロジー

エコなモノ:人にも環境にもやさしい資生堂のエコ商品

Vol.02 容器・包装のスリム化 第1回

省資源は「モノづくり」最初の一歩から

資生堂が設けた、商品を開発する時の環境基準。
それが「モノづくりエコスタンダード」。
ライフサイクル視点で商品の環境対応をルール化したこの基準に基づいて、
容器・包装のスリム化に日々取り組んでいます。

例えば、2014年から順次、日やけ止め「アネッサ」*
透明プラスチックケースをフィルムタイプに。
*一部商品を除く

これによって、「パーフェクトUVサンスクリーンA+N」は
1個あたり(レギュラーサイズ)約6.2gのプラスチック使用量を削減しています。

他にも、「薬用ハンドソープ」のつめかえ容器をチューブから
パウチタイプに変更することで、
1個あたりのプラスチック使用量の約40%削減を実現するなど、
さまざまな商品で省資源化を進めています。

大切な商品を守り、お客さまのもとへ届けることは第一に、
環境を守るための工夫も取り入れる。

モノづくりの最初の一歩から、環境への配慮も始まっています。

※ 本ページの掲載内容は2014年9月時点のものです。

Vol.03 環境配慮素材

Vol.02 容器・包装のスリム化

Vol.01 レフィル

ページの先頭へ