資生堂アースケアプロジェクト 美しく生きるためのエコロジー

※ 本ページの掲載内容は2009年12月時点のものです。

捨てやすさは、使いやすさでもある。

資生堂は循環型社会の実現に向けて、使い終わったガラス容器・金属容器から樹脂パーツを簡単に取り外せる機構を採用し、リサイクル性を高めています。たとえば、ガラスびんを装飾する樹脂パーツを取り外し可能なものにして、分別廃棄しやすい設計にしたり、エアゾール商品に使われる異種素材を簡単に分離できるようデザインしたりすることで、お客さまにとっての捨てやすさ・使いやすさを実現しています。

    もっと見る

      もっと見る

      ページの先頭へ