No.047 掛川・大阪工場のボイラー燃料転換

※本ページの掲載内容は、2009年12月時点のものです。

掛川工場では、2006年5月にLPGから都市ガスへ燃料転換を実施。
大阪工場では、2006年9月に灯油から都市ガスへと燃料転換を実施。
2つの工場で、ボイラー用燃料をCO2排出量の少ない都市ガスへと転換しました。
これにより、2006年度は掛川工場が約700トン、大阪工場が約500トンのCO2排出削減効果が得られました。

    もっと見る

      もっと見る

      ページの先頭へ