資生堂アースケアプロジェクト 美しく生きるためのエコロジー

No.063 植物由来発酵アルコールへの切り替え

※本ページの掲載内容は、2009年12月時点のものです。

資生堂では、国内工場とリサーチセンターで使用しているすべての合成アルコールを、カーボンニュートラルな植物由来発酵アルコールへ切り替えました。
食糧とのバッティングを極力避けるため、原料をサトウキビに限定し、調達から出荷にいたるまで分別管理して生産しているアルコールだけを選定。
この切り替えにより、CO2量で数千トンの削減が可能となります。

    もっと見る

      もっと見る

      ページの先頭へ