※ 本ページの掲載内容は2010年8月時点のものです。

「綺麗のススメ」は、森を守るススメでもあります。

カートカンとは、缶の形をした紙の飲料容器です。国産の間伐材を積極的に使い、牛乳パックのようにリサイクルでき、売り上げの一部を「緑の募金」として森林整備の資金にできる。日本の森を守りCO2の吸収に貢献できる環境対応容器として、大きな可能性を感じていました。また、中味を充填する方法が、加熱殺菌による風味や栄養成分の劣化が少ない無菌充填であることもポイントでした。そこで、カートカンでは未対応だった長期保存性の改善を資材メーカーに働きかけ、ハイバリア性に優れた次世代カートカン開発の後押しをしてきました。今回、安定した内容物保護性が保証されたことから「綺麗のススメ」への採用を決めました。

「綺麗のススメ」は、美容と健康のために毎日続けて飲んでいただきたい飲料。手軽にリサイクル処理できる紙容器は、ごみを増やさずお客さまにも喜んでいただけるはずです。さらに飲むたびに「緑の募金」ができ、森林整備にもつながる。美容や健康に関心の高い方は、環境意識も高い方ですから、きっと共感いただけると思っています。

今後は、医薬品なども含め、ひとつひとつの商品の特性を見極めた環境対応を進めていく予定です。容器の改善をはじめ、原材料も環境に配慮したものを使っていきたい。いまできることをすぐに始める。そして小さなこともコツコツと続ける。それがヘルスケア事業部の環境対応。すべてのエコ活動の基本だと思うのです。

森林でCO2を吸収する、という もうひとつのCO2削減活動。

カートカンは、森を健全に育てるために間引きした間伐材を含む国産材を、30%以上使用しています。このことは、国産材利用が進まずに放置され荒廃が進んでいる日本の森林の育成につながります。さらに、商品の売り上げの一部が「緑の募金」に寄付され、森林整備の資金として活用されます。使用後の容器は紙パックと同様にリサイクルできることも大きなメリットです。

森林を育てることは排出されたCO2を吸収し減らすことにつながります。資生堂は、省エネや非化石原料への切り替えなど、CO2の排出量を抑える努力とともに、このような排出済みのCO2を減らす取り組みも、積極的に進めていきたいと考えています。

    もっと見る

      もっと見る

      ページの先頭へ