次回の展覧会

Les Parfums Japonais レ・パルファン・ジャポネ

2016年11月2日(水)~12月25日(日)

資生堂の初代社長、福原信三は西洋の香水にも劣らない本格的な香水づくりを目指しました。それは、パリの文化への憧れを動機として日本のオリジナリティある化粧品を製造することでした。その化粧品製造の中心には「商品の藝術化」というテーマがありました。
本展では、資生堂の香水づくりのルーツを20世紀初頭のパリの香水に遡り、それを乗り越えようとしていった資生堂の香水瓶の数々を展示します。