次回の展覧会

石内都展 Frida is

資生堂ギャラリーでは、2016年6月28日(火)から8月21日(日)まで、日本を代表する写真家、石内都の個展「Frida is」を開催します。本展では『Frida by Ishiuchi』、『Frida 愛と痛み』シリーズより31点の作品が展示されます。

2012年、石内はメキシコシティにあるフリーダ・カーロ博物館からの依頼により、メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロの遺品を3週間にわたり撮影しました。

フリーダの生家でもある≪青い家≫と呼ばれる博物館で、彼女の死後50年となる2004年に封印を解かれた遺品には、フリーダが身に着けていたコルセットや衣服、靴、指輪などの装飾品に加え、櫛や化粧品、薬品などが含まれていました。石内はこれらの持ち物を丹念に配置し、35ミリのフィルムカメラを手に、自然光の中で撮影しました。フリーダと対話をするように撮った写真は、波瀾に満ちた人生を送ったヒロインとしてのフリーダではなく、痛みと戦いながらも希望を失わずに生き抜いたひとりの女性の日常をとらえています。石内は「同じ女性として、表現者として、しっかり生きた一人の女性に出会ったということが一番大きかった」と言います。

フリーダのシリーズの作品は2013年11月に「PARIS PHOTO 2013」で初公開され、メキシコの出版社・RMより写真集が発売されました。2015年にはマイケル・ホッペン・ギャラリー(ロンドン)で初の大規模な展示が行われ、日本では石内のメキシコでの撮影過程に密着したドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 ―石内都、織るように』(監督:小谷忠典)が話題を呼びました。

今回は満を持して日本での初の本格的な発表となります。
石内の女性ならではの独自の視点で、フリーダの生きた証を現在によみがえらせた作品にぜひご期待ください。

なお、同時期に資生堂銀座ビル、SHISEIDO THE GINZA、東京銀座資生堂ビルでも石内の作品を展示いたします。 また本展に合わせて未発表の写真を中心とした写真集『フリーダ 愛と痛み』(岩波書店)と石内の写真とエッセイ集『写真関係』(筑摩書房)が刊行され、ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 ―石内都、織るように』が東京と大阪で再上映されます。

フリーダ・カーロについて

フリーダ・カーロ(1907年-1954年)は、20世紀前半というまだ女性アーティストが少ない時代に、自分自身のアイデンティティを模索しながらアーティストとしての地位を築いた人物です。華やかな刺繍やレースで飾られた民族衣装を身に着け、幼少期の病気や事故で体が不自由であったにもかかわらず、コルセットに装飾を施したり、民族衣装を自分の体に合わせてアレンジしたりと、苦しい状況の中でも常に美を意識していました。また、トロツキーやイサム・ノグチとの恋愛、メキシコの国民的英雄だった画家ディエゴ・リベラとの2度の結婚など、作品と共にその情熱的な生涯は現代の女性たちに今なお刺激を与え、広く共感を集めています。

石内都 略歴

1947年群馬県桐生市生まれ。神奈川県横須賀市で育つ。多摩美術大学デザイン科織コース専攻中退。
1979年、街の空気、気配、記憶をとらえた初期三部作のひとつ『APARTMENT』で第4回木村伊兵衛写真賞を受賞。同じ年生まれの女性の手と足をクローズアップした『1・9・4・7』以降、身体の傷跡を撮ったシリーズを展開。2005年、母の遺品を撮影した『Mother's 2000-2005 未来の刻印』で第51回ヴェネチア・ビエンナーレの日本代表に選出されてから世界的に注目を集めるようになりました。2007年より現在まで続く、原爆で亡くなった人々の遺品を撮影した『ひろしま』も国際的に評価され、近年は国内外の美術館やギャラリーで個展を多数開催。2012年には、大正・昭和に流行した着物・銘仙を撮った『絹の夢』を発表、2014年には子どもの着物を撮り下ろした『幼き衣へ』を発表するなど、布や記憶にまつわる作品に精力的に取り組んできました。
2014年には「写真界のノーベル賞」と言われるハッセルブラッド国際写真賞を受賞しています。2015年、J・ポール・ゲティ美術館(ロサンゼルス)の個展「Postwar Shadows」では『ひろしま』がアメリカの美術館で初公開され、大きな反響を呼びました。

石内都
©Kenichi Aikawa

主な受賞歴

1979年 第4回木村伊兵衛写真賞
1999年 第11回写真の会賞
2006年 日本写真協会賞作家賞
2009年 第50回毎日芸術賞
2013年 紫綬褒章
2014年 ハッセルブラッド国際写真賞

主な個展

2005年 「マザーズ 2000-2005 未来の刻印」第51回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館、ヴェネチア
2008年 「ひろしま Strings of Time」広島市現代美術館、広島
「石内都 ひろしま/ヨコスカ」目黒区美術館、東京
2009年 「石内都 Infinity∞身体のゆくえ」群馬県立近代美術館、群馬
2012年 「絹の夢」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、香川
2013年 「Ishiuchi Miyako」Michael Hoppen Gallery、ロンドン
2014年 「Here and Now: Atomic Bomb Artifacts ひろしま/Hiroshima 1945/2007―」
Andrew Roth Gallery、ニューヨーク
2014年 「幼き衣へ」LIXIL ギャラリー、東京
2015年 「Postwar Shadows」The J. Paul Getty Museum、ロサンゼルス

■参考写真

Frida by Ishiuchi
Frida by Ishiuchi
2012/2016
©Ishiuchi Miyako
Frida by Ishiuchi
Frida by Ishiuchi
2012/2016
©Ishiuchi Miyako
Frida Love and Pain
Frida Love and Pain
2012/2016
©Ishiuchi Miyako
Frida Love and Pain
Frida Love and Pain
2012/2016
©Ishiuchi Miyako
Frida Love and Pain
Frida Love and Pain
2012/2016
©Ishiuchi Miyako
Frida Love and Pain
Frida Love and Pain
2012/2016
©Ishiuchi Miyako

■関連企画

対談: 石内都 × 黒河内真衣子(mame デザイナー) 
日時: 7月2日(土) 14:00~16:00
締切: 5月9日(月)
会場: 花椿ホール(資生堂銀座ビル3F)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-5-5
定員: 200名(お申し込み多数の場合は抽選となります。)
参加費: 無料
申し込み方法: 下のボタンからお申し込みください。
後日(申し込み締め切り後)、受講票を送付いたしますので、当日ご持参ください。
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

黒河内 真衣子(くろごうち まいこ) 略歴

1985年長野県生まれ。
2010年黒河内デザイン事務所設立、自身のブランド「mame」を立ち上げる。
2014年毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。

http://www.mamekurogouchi.com 別窓で開く

黒河内 真衣子
Photo by Jiro Konami
※予告なく内容が変更になる場合があります。
※やむを得ない理由により、中止する場合があります。
お問い合わせ: 資生堂ギャラリー 
tel. 03-3572-3901
fax. 03-3572-3951
(11:00~18:00 月曜休)

■関連書籍

写真集『フリーダ 愛と痛み』(岩波書店)
石内のフリーダシリーズより未発表の写真を中心とした、日本版オリジナルエディションの写真集。
発売日:2016年6月17日
体裁:A4判・上製

『写真関係』(筑摩書房)
石内の約10年ぶりのエッセイ集。初期作品から最新作まで写真約50点もあわせて収録。
発売日:2016年6月上旬
体裁:A5判・上製・カバー装

■関連映画

映画「フリーダ・カーロの遺品 ―石内都、織るように」(監督:小谷忠典)
石内のメキシコでの撮影過程に密着したドキュメンタリー
6月下旬より上映

≪上映館≫
東京:アップリンク
http://www.uplink.co.jp/ 別窓で開く

大阪:シアターセブン
http://www.theater-seven.com/ 別窓で開く

石内さん撮影シーン
©Ito Kaori
※ 同時期に資生堂銀座ビルにて、
資生堂 宣伝・デザイン部デザイナーによる「Beauty Graphics」展も開催します。
Beauty Crossing Ginza ロゴ

■石内都展 「Frida is」 開催要項

主催: 株式会社 資生堂
後援: メキシコ大使館 メキシコ大使館ロゴ
協力: The Third Gallery Aya/有限会社フォトグラファーズ・ラボラトリー/株式会社カシマ/有限会社小林額縁製作所
会期: 2016年6月28日(火)~8月21日(日)
会場: 資生堂ギャラリー
〒104-0061
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Tel:03-3572-3901 Fax:03-3572-3951
平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
毎週月曜休(月曜日が祝日にあたる7月18日も休館)
入場無料