過去の展覧会

椿会展2002 資生堂ギャラリーでは、昨年新メンバーにより再開した第5次「椿会」の第2回展を開催します。

「椿会」は1947年、戦争で中断していたギャラリー活動を再開するにあたり資生堂主催展として企画され、以来、時代とともにメンバーを入れ替えながら今日まで継続してきました。第5次にあたる現「椿会」のメンバーは以下のとおりです。

members

絵画:児玉靖枝、世良京子、辰野登恵子、堂本右美、三輪美津子
彫刻:山本直彰、青木野枝、イワタルリ、鷲見和紀郎

今日のアートシーンでは、メディアアートやインスタレーションが脚光を集めるようになってきています。このような状況の中で、第5次「椿会」は絵画・彫刻というジャンルに限定し、その魅力と可能性を再確認することを意図しています。2005年まで毎年一回、同一メンバーで展覧会を開催することで、作家が相互に交流し研鑚する場となることを目指しています。第5次「椿会」メンバーの真摯な取組みから生みだされる作品は、改めて絵画・彫刻の豊かな魅力を気づかせてくれるでしょう。

また資生堂ギャラリーでの展示に加え、静岡県掛川市の資生堂アートハウス屋外にイワタルリのガラス彫刻を設置します。昨年の第1回展の際には青木野枝の作品を設置しました。今後も「椿会」の開催に合わせ、上記3名の彫刻家による新作を毎年一点ずつ設置していく予定です。

椿会メンバーの変遷


ページ上部へ
SHISEIDO GALLERY
  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 過去の展覧会
  • イベント情報
  • リピーターズカード
  • 展覧会年間スケジュール