過去の展覧会

夢の饗宴


「夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち」展

  • 1900年 カフェ・リッシュ(高級老舗レストラン)
  • ア・ラ・カルト メニュー
  • 立松弘臣氏所蔵

資生堂は、ザ・ギンザがオープンした1975年に、フランス在住の収集家・立松弘臣氏所蔵のメニューコレクションから「フランス料理のメニュー展」を開催して好評を博しました。それから約30年を経て、今や日本には本格的なフランス料理のレストランが多数存在し、昨年には『ミシュランガイド東京』も刊行されるなど、美食に対する人々の興味はますます深まっています。
今回は、立松コレクションのメニューをベースに、graf media gmが展覧会を演出。「年代もののフランスのメニュー」と、graf media gmと彼らがセレクトしたアーティストたちが、ギャラリー内におもてなしをテーマにした「饗宴」の場をつくりあげます。
立松氏は、1553年からの世界の王侯貴族たちの晩餐会、午餐会のメニューを収集しています。メニューからは、美しいデザイン、料理の中身、出されるワイン、お食事に伴う音楽プログラムなど、当時のおもてなしの心をよみとることができます。そのなかには、ナポレオン3世皇帝晩餐会の手書きのメニュー、ベル・エポックの美しいメニュー、1938年に英国のジョージ6世がフランスの国賓として招かれヴェルサイユ宮殿で行われた歓迎午餐会のメニュー、1994年に天皇、皇后両陛下がフランスを国賓訪問した際にエリゼ宮で開かれた歓迎晩餐会のメニューなど、歴史上、外交上、重要な饗宴メニューがたくさんあります。

本展では、今年が日仏交流150周年ということから、1858年からのメニューを選びました。それらをギャラリーの小展示室、東京銀座資生堂ビルの1階プラザと資生堂パーラーに展示します。
ギャラリーの大展示室では、graf media gmとさまざまなジャンルからのアーティストたちが、メニューからインスパイアされて作った作品をご紹介します。

■graf media gm(グラフメディア・ジーエム)

スペースデザイン、家具、照明、グラフィック、プロダクトデザイン、アートから食に至るまで「暮らしのための構造」
を考えてものづくりをするクリエイティブユニットgrafの、主にアートやカルチャーなどを扱うセクション。
本展のキュレーションを工藤千愛子、空間構成を豊嶋秀樹がそれぞれ担当。

■参加アーティスト

阿部海太郎(音楽)、アンドレアス&フレデリーカ(ビジュアル・コミュニケーション)、華雪(書)
シアター・プロダクツ(ファッション)、ほしよりこ(漫画)、南風食堂(お料理ユニット)、森本美絵(写真)
各アーティストは、音楽、テーブルウエア、装飾品など、饗宴を催すために必要なパーツとなる作品を制作し、graf media gmはそれらをまとめあげる空間を構成します。
また、展覧会開催に際し、資生堂パーラー3階では特別デザート、4階では資生堂レストラン・プロジェクト・ディレクター ジャック・ボリーがプロデュースするコースメニューをご用意いたします。こちらもお楽しみください。
(こちらへのお問合わせは 資生堂パーラーまで:Tel 03-5537-6241)

  • 会場イメージ
  • by Hideki Toyoshima(graf media gm)
  • ほしよりこ
  • 『晩餐会のものとこと』より

■「夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち」 展開催概要

主催: 株式会社 資生堂
後援: フランス大使館 日仏交流150周年記念事業
協力: ANAand up 小笠原伯爵邸 學士會館
グランドプリンスホテル赤坂 ホテルオークラ東京 奥田國人
(敬称略、順不同)
会期: 2008年6月24日(火)〜8月6日(水)
会場: 資生堂ギャラリー
〒104-0061
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Tel:03-3572-3901 Fax:03-3572-3951
平日 11:00〜19:00 日曜・祝日 11:00〜18:00 毎週月曜休
入場無料

ページ上部へ
SHISEIDO GALLERY
  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 過去の展覧会
  • イベント情報
  • リピーターズカード
  • 展覧会年間スケジュール