過去の展覧会

さわひらき展 Lineament

資生堂ギャラリーでは、2012年4月7日(土)から6月17日(日)まで、英・ロンドン在住の若手日本人アーティスト、さわひらきの個展「Lineament」を開催します。

さわひらきは、1977年石川県生まれ、ロンドン在住の若手アーティストです。1996年、イギリスのイースト・ロンドン大学に留学。同校を卒業後、ロンドン大学スレード校美術学部にて彫刻の修士号を取得。当初は造形を専攻しますが、後に映像表現へと転向します。2002年、イギリスで発表した映像作品『dwelling』で注目を集め、以降、ロンドンを拠点に世界各国で作品を発表しています。これまでに、横浜トリエンナーレ2005(2005年、横浜)、アジア・パシフィック・トリエンナーレ6(2009年、ブリスベン、オーストラリア)、成都ビエンナーレ(2010年、成都、中国)、シドニー・ビエンナーレ(2010年、シドニー、オーストラリア)などの国際展や、「Six Good Reason to Stay at Home」National Museum of Victoria(2006年、メルボルン、オーストラリア)、「アーティストファイル」国立新美術館(2008年、東京)、「Carrousel」Musée du Temps and Musée National des Beaux-Arts de Besançon(2009年、ブザンソン、フランス)、「山荘美学―日高理恵子とさわひらき」アサヒビール大山崎山荘美術館(2010年、京都)などに出展しています。

さわはこれまで、自身が体験した、日常のささやかな出来事からのインスピレーションをもとに作品を制作してきました。『dwelling』(2002年)、『elsewhere』(2003年)、『trail』(2005年)をはじめとした初期の作品では、自宅の部屋の中に、自分が慣れ親しんだ飛行機のおもちゃ、食器、文房具、動物の影などが動き回るという、日常空間のなかに寓話的イメージを紛れ込ませた幻想的な情景を映しだし、多くの観客を魅了してきました。近年では、マルチスクリーンによる映像投影に音響効果を加え、それらを展示空間に立体的に設置することで、映像を鑑賞するというスタイルから、体験するインスタレーションへと変化させ、映像表現の可能性を模索しています。2009年にオーストラリア・ブリスベンで開催されたアジア・パシフィック・トリエンナーレ6では、先住民が暮らすオーストラリアの風景を巡りながら、さわが感じた自身の内面との共鳴を、廻りながら繋がって行く時間と捉え、映像と音を通して空間に表現したインスタレーション作品『O(オー)』(2009年)を出展し、新しいさわの表現領域を提示しました。

さわは近年、友人の記憶喪失をきっかけに、「Figment(フィグメント)」というプロジェクトに取り組んでいます。同プロジェクトは、さわが「記憶について/思い出すこと」を考察した一連の作品群であり、記憶に対するさわの解釈を表現しています。「記憶喪失になったことによって、食べ物の味すらもわからなくなるということは、いかに自分たちの日常が、記憶に頼っているかをあらわしているのではないか」と語るさわは、記憶を失うことにより生じた「ずれ」が、現実を揺るがすことに興味を持ちました。本展で初公開となる映像インスタレーション作品『Lineament(リニアメント)』では、ある男が虚構と現実の境界が揺らぐ部屋のなかで記憶を辿る姿を描いており、「正常」というものが、いかにあいまいなものなのかということを考えさせてくれます。本展では、これまでにFigmentプロジェクトとして制作された『did i?』と『Sleeping Machine』もあわせて展示します。

これまでさわの心象風景を映像化したようなイメージから、よりシュルレアリスティックに変化した、さわの新しい作品世界にどうぞご期待ください。

■展示予定作品

  • Hiraki sawa
    Lineament
    2012, Video installation, 18min 47sec, Courtesy of Hiraki Sawa

さわひらき 略歴

1977 石川県生まれ イギリス・ロンドン在住

2003 ロンドン大学スレード校美術学部修了

2000 イースト・ロンドン大学卒業

主な個展

2011 「Hiraki Sawa - O」 James Cohan Gallery、ニューヨーク、アメリカ
2010 「Hiraki Sawa - Carrousel」 Musée du Temps and Musée National des Beaux-Arts de Besançon、ブザンソン、フランス
「Hiraki Sawa - Silts」 Ota Fine Arts、東京
2008 「Hiraki Sawa」 Colby College Museum of Art、ウォーターヴィル、アメリカ
2007 「Hiraki Sawa - Hako」 Chisenhale Gallery、ロンドン、イギリス
「Hiraki Sawa」 Frist Centre for the Visual Arts、ナッシュビル、アメリカ
2006 「Six good reasons to stay at home」 National Gallery of Victoria、メルボルン、オーストラリア
2005 「Hiraki Sawa」 Hirshhorn Museum and Sculpture Garden、ワシントン、アメリカ
「Hammer Projects - Hiraki Sawa」 UCLA Hammer Museum、ロサンゼルス、アメリカ
2004 「Going places Sitting Down」 Hayward Gallery / Bloomberg Artist Commission for Waterloo Sunset, the Dan Graham Pavilion、Hayward Gallery、ロンドン、イギリス
2003 「Dwelling」 Kettle's Yard、ケンブリッジ、イギリス
「Hiraki Sawa」 Ikon Gallery、バーミンガム、イギリス

主なグループ展/スクリーニング

2011 「Pure Views」 成都ビエンナーレ、成都、中国
「BYE BYE KITTY!!!」 Japan Society、ニューヨーク、アメリカ
2010 「山荘美学」 アサヒビール大山崎山荘美術館、京都
「The Beauty of Distance: Songs of Survival in a Precarious Age」 Biennale of Sydney、シドニー、オーストラリア
「Reflection:映像が見せる“もうひとつの世界”」 水戸芸術館現代美術センター、水戸
2009 「日本の新進作家展 vol.8:出発―6人のアーティストによる旅」 東京都写真美術館、東京
「The 6th Asia-Pacific Triennial of Contemporary Art」 Queensland Art Gallery / Gallery of Modern Art、ブリスベン、オーストラリア
「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」 サントリーミュージアム[天保山]、大阪
「Mind as Passion」 Taipei Fine Arts Museum、台北、台湾
2008 「Cinema Indeed, narratives and projections」 Instituto Itau Cultural、サンパウロ、ブラジル
「In Between:アジア・ビデオアート・ウィークエンド」 森美術館、東京
「The Alliance」 Gallery Hyundai、ソウル、韓国
「Kunsträume Schloss Friedberg」 Museum im Wittelsbacher Schloss、フリードベルク、ドイツ
「アーティストファイル2008」 国立新美術館、東京
2007 「12th Biennale de l'Image en Mouvement」 Centre pour l'Image Contemporaine、ジュネーヴ、スイス
2006 「Dual realities」 4th Seoul International Media Art Biennale、Seoul Media City、ソウル、韓国
「愉しき家」 愛知県美術館、愛知
2005 「アートサーカス―日常からの跳躍」 横浜トリエンナーレ2005、山下埠頭、横浜
「Thoughts of a Fish in the Deep Sea」 Valencia Biennial、Convent of the Carmen、バレンシア、スペイン
2004 「21世紀の出会い―共鳴、ここ・から」 金沢21世紀美術館、金沢
2003 「C'est Arrivé Demain」 7ième Biennale d'Art Contemporain de Lyon、Musée d'Art Contemporain、リヨン、フランス
2002 「New Contemporaries 2002」 Barbican Curve、ロンドン、イギリス

Awards

2011 五島記念文化賞 受賞
2006 Decibel Award for Artists 受賞
2002 East International Award 受賞

■さわひらきによるギャラリートーク

申し込み受付は終了いたしました

日時: 2012年4月7日(土)14:00~16:00
締切: 2012年3月30日(金)
場所: ワード資生堂(東京銀座資生堂ビル9階)
定員: 60名
参加費: 無料
お問い合わせ: 資生堂ギャラリー
tel. 03-3572-3901 fax. 03-3572-3951

■「さわひらき展 Lineament(リニアメント)」 開催要項

主催:
株式会社資生堂
会期:
2012年4月7日(土)〜6月17日(日)
会場:
資生堂ギャラリー
〒104-0061
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Tel:03-3572-3901 Fax:03-3572-3951
平日 11:00〜19:00 日曜・祝日 11:00〜18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料

ページ上部へ
SHISEIDO GALLERY
  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 過去の展覧会
  • イベント情報
  • リピーターズカード
  • 展覧会年間スケジュール