界面活性剤、乳化剤

全成分表示:--

全成分表示:
--

油と水を仲良くさせる成分。
『界面活性剤』は、乳液、クリームや洗浄料など多くの化粧品から食品にまで幅広く活用されています。
化粧品の基本成分である「油性成分」と「水性成分」は本来互いに混ざらない性質を持っていますが、『界面活性剤』がこの間を取り持って混ぜ合わせることができます。洗浄料では、油汚れになじみ、水とともに洗い流すのに役立っています。
この成分を配合する資生堂製品があります
効果
対応する
お悩み
美容
カテゴリ

豆知識

豆知識

マヨネーズにも使われている『界面活性剤』

身近なところでは、マヨネーズにも『界面活性剤』が使われています。それはタマゴの黄身。タマゴの黄身に含まれているレシチンという物質が界面活性剤として働くことで、油と酢がきれいに混じった状態になり、常温で長い期間キープできるようになるのです。