1. Home
  2. 投資家情報
  3. IR ライブラリ
  4. ESGに関する非財務報告

投資家情報
Investors

ESGに関する非財務報告(2016年12月期)

資生堂グループでは、CSRとは企業理念を実践するための企業活動のすべてであると捉え、ステークホルダーとの対話と協働を通じてサステナブルな社会の実現をめざし、社会の課題と期待に応える活動を展開しています。また、CSRとESGは全く同じものであると考えています。

資生堂のCSR課題への取り組み

資生堂のCSR課題への取り組み

この図は、資生堂のCSRの課題への取り組みを表したものです。上半分が「ヒト、モノ、カネ、評判」などの経営資源に関わるもので、事業活動に間接的に影響するもの、下半分は事業活動に直接影響するものです。これらの課題への取り組みの一つひとつが、資生堂の企業ブランドの価値を形づくっています。

資生堂では、数値となって表れにくいESGに関する非財務情報を分かりやすくお伝えするために、GRI(グローバル・レポーティング・イニシアティブ)が発行するサステナビリティ―・レポーティング・ガイドラインを参考にして情報を収集・集計し、可能な限りガイドラインの要求事項に沿った形で情報開示していくことを方針としています。GRIガイドライン対照表については本ウェブサイトサステナビリティのページに掲載しております。
このESGに関する非財務報告のページでは、これらの情報の中でも株主・投資家のみなさまの関心が高いと思われる情報をまとめました。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
メールマガジン

当ホームページに掲載されている内容のうち、歴史的事実でないものは、資生堂の将来に関する見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定な要素などの原因が含まれており、実際の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。

おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報