1. Home
  2. 投資家情報
  3. IR ライブラリ
  4. 決算短信・決算記者会見資料
  5. 平成12年3月期 中間決算短信 目次
  6. 経営成績

投資家情報
Investors

決算短信・決算記者会見資料

2.経営成績

平成11年11月5日

2.1 当中間期の概況

(1)当中間期の業績の概況

当中間期の連結売上高は前年同期に対して横ばいとなりました。国内売上は主力の化粧品が底堅く推移したことなどから、前年同期に比較して0.7%の増収となりました。
一方、海外では現地通貨ベースの売上高が12.1%の増収でしたが、円高の影響から円換算した金額では前年同期比で3.9%の減収を余儀なくされました。

営業利益は、前年同期に比較して34.5%の増益となりました。増益となった要因は、国内化粧品売上の底入れに加えて、全社的なコストベスト活動の推進や販売子会社の収益構造改革、トイレタリー事業におけるメガブランドへの集約効果等によって、全部門の利益率が改善したことです。

中間純利益は、前年同期に株式評価損を特別損失に計上した反動もあって、前年同期に比較して284.6%の大幅増益となりました。

【連結】
区  分 当中間期 構成比 前年中間期 構成比 増 減 前年比
売上高 化粧品
トイレタリー
その他
229,561
46,911
30,537
74.8 %
15.3 %
9.9 %
227,423
48,778
31,094
74.0 %
15.9 %
10.1 %
2,138
△1,866
△557
100.9 %
96.2 %
98.2 %
合  計 307,011 100.0 % 307,296 100.0 % △285 99.9 %
国内売上高 257,850 84.0 % 256,160 83.4 % 1,690 100.7 %
海外売上高 49,160 16.0 % 51,136 16.6 % △1,976 96.1 %
区  分 当中間期 売上比 前年中間期 売上比 増 減 前年比
営 業 利 益 23,521 7.7 % 17,494 5.7 % 6,026 134.5 %
経 常 利 益 24,649 8.0 % 19,085 6.2 % 5,564 129.2 %
中間純利益 9,896 3.2 % 2,573 0.8 % 7,323 384.6 %
連 単 倍 率 0.98 倍   0.34 倍      

単位:百万円

【単独】
区  分 当中間期 構成比 前年中間期 構成比 増 減 前年比
売上高 化粧品
トイレタリー
その他
100,182
42,225
9,230
66.1 %
27.8 %
6.1 %
141,355
44,430
10,251
72.1 %
22.7 %
5.2 %
△41,172
△2,204
△1,020
70.9 %
95.0 %
90.0 %
合  計 151,638 100.0 % 196,036 100.0 % △44,398 77.4 %
区  分 当中間期 売上比 前年中間期 売上比 増 減 前年比
営 業 利 益 15,528 10.2 % 15,140 7.7 % 388 102.6 %
経 常 利 益 19,890 13.1 % 20,236 10.3 % △346 98.3 %
中間純利益 10,114 6.7 % 7,510 3.8 % 2,604 134.7 %

単位:百万円

(注)

  • 化粧品販売子会社との取引価格改定があり、この影響を補完した売上高は前年比101%です。
    また、中間財務諸表等規則の一部変更に伴い、前年中間期についても事業税の表示区分を組み替えており、発表済みの実績数値に対し営業利益、経常利益それぞれ+890百万円の組み替えを行っております。
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報