1. Home
  2. 投資家情報
  3. IR ライブラリ
  4. 決算短信・決算記者会見資料
  5. 平成16年3月期 第3四半期業績の概況(連結)
  6. 平成16年3月期 第1四半期業績の概況(連結)

投資家情報
Investors

決算短信・決算記者会見資料

平成16年3月期 第1四半期業績の概況 (連結)

平成15年7月31日 (コード番号:4911 東証第一部)

上場会社名 株式会社 資生堂

(URL http://www.shiseido.co.jp)

問合せ先
 
代表者役職・氏名
代表取締役 執行役員社長
池田 守男
責任者役職・氏名
IR部長
橋川 雅人
(TEL (03)3572-5111)

1.四半期業績の概況の作成等に係る事項

売上高の会計処理の方法の最近連結会計年度における
認識の方法との相違の有無
: 無

2.平成16年3月期第1四半期の業績概況 (平成15年4月1日~平成15年6月30日)

(1)売上高

  百万円
平成16年3月期第1四半期 141,753 -
平成15年3月期第1四半期 - -
(参考)平成15年3月期 621,250 -

(注)記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。
(注)当該四半期より四半期業績の開示を行っているため、前年同四半期の実績および増減率については記載しておりません。

売上高に関する補足説明
当第1四半期の当社を取り巻く経営環境は、国内ではデフレ不況の継続により、海外では欧米の景気低迷に加え、イラク戦争や重症急性呼吸器症候群(SARS)発生の影響もあり、厳しい状況が続きました。
このような中、当社は国内においては、化粧品事業で店頭基点改革のさらなる加速による営業活動の活性化や、ブランド体系の再編による主力ブランドへの投資集中により、トイレタリー事業ではカテゴリーNo.1に向けた価値訴求型マーケティングの推進により、売上確保を目指しました。
また海外においては、アジア特に成長著しい中国を中心に、新製品の投入を含めて積極的な売上拡大に努めました。
この結果、当第1四半期の売上高は、1,417億53百万円となりました。

(2)当該四半期において企業集団の財政状態及び経営成績に重要な影響を与えた事象

該当する事象は発生しておりません。

3.平成16年3月期の連結業績予想(平成15年4月1日~平成16年3月31日)

業績予想の見直しは行っておりません。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報