未来椿活動

トップページに戻る

豊かな森作りをお手伝い!植林活動で被災地を支援

2014/02/18

活動日 2013/10/13
事業所名 イプサ
報告者 阿部
エリア 日本 岩手県

イプサでは、2011年より商品ご購入の収益の一部を、植林活動支援にお役立ていただくため、NPO団体を通じて寄付を行っています。2012年からは寄付だけではなく、社員が植林活動にも参加し、2013年には植林活動を通じて震災復興支援を行いました。

活動日は10月13日。盛岡から車で1時間ほどの宮古市河合地区で、イプサを代表し6名が参加し、285本を植樹しました。河合地区はサケの遡上で有名な閉伊川の水源にあります。森が水源の土壌を豊かに育て、栄養を川に流すことで、魚が育ち、被災した漁業の町の復興につながります。

参加した社員からは「地元の方々の優しさと、地元愛に触れることが出来ました」「植えた木が大きくなり、復興のお役に立つのが楽しみ」との声が。

直接の支援までには時間がかかりますが、将来この活動が実を結ぶことを信じています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

関連記事