1. Home
  2. ニュースリリース
  3. HAKUから“保湿&美白”ケアのジェル状化粧水と美白オイル新発売

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2017/7/21

発行: (株)資生堂資生堂ジャパン(株)

商品・ブランド

HAKUから“保湿&美白”ケアのジェル状化粧水と美白オイル新発売

秋冬の乾燥しがちな肌へ

資生堂は、美白スキンケアブランド「HAKU」から、乾燥しがちな秋冬に向けて、保湿&美白ケアができる「HAKU メラノディープモイスチャー(医薬部外品)」と「HAKU メラノディープオイル(医薬部外品)」を新発売します。

◆美白スキンケア市場No.1※1ブランドのHAKUから、ジェル状の薬用美白化粧水「HAKU メラノディープモイスチャー(医薬部外品)」を2017年8月21日(月)に発売します。
◆さらに乾燥が深刻化する冬に向け、高保湿しながら美白ケアができる薬用美白オイル「HAKU メラノディープオイル(医薬部外品)」を、2017年10月21日(土)より限定発売します。

※1 インテージSRI美白スキンケア市場 2015年3月~2016年2月 金額シェア(美白以外の機能を兼ね備える商品は除く)
*美白は、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです

HAKUメラノディープモイスチャー&メラノディープオイル

発売背景

美白に関心のある女性たちの意識調査によると、「美白ケアは紫外線の強い春夏だけ行えばよい」と思っている人はわずか10%で、7割以上が年中行ったほうが良いと考えています。一方で、実際のお手入れについて聞いた項目では、秋冬も美白化粧品を使用している人は41%にとどまり、意識と行動にギャップがあることが分かりました。※2
秋冬に美白から保湿化粧品に切り替える人の多くが「秋冬の保湿は欠かせない。でも本当はシミ対策も気になっている。両方叶うものがあればいいのに。」と感じており、通年、美白化粧品を使用している人でも「1年中美白ケアすることがお手入れの基本。でも美白化粧品は保湿力が物足りないものが多い。」と感じていて、現状の美白化粧品では秋冬の保湿効果に対する満足感が低いことが分かりました。※3
そこでHAKUは秋冬の深刻な乾燥対策と美白ケアを両立できる、保湿効果の高い美白スキンケア2品を開発しました。                     
※2 マクロミル意識調査2016年7月29日~8月1日(20~59歳女性 N数=1,000名)
※3 インテージ Lyche 15~69歳スキンケア使用女性(2014年 N数=10,000名)

商品特長

新製品「メラノディープモイスチャー」は、資生堂が特許を取得している独自の乳化技術により、化粧水をギュッと凝縮してジェル状にすることに成功しました。たっぷりの保湿成分と美白有効成分を配合したジェルが、なじませる途中でローション状に変わる新触感美白化粧水で、ひとつで「みずみずしさ」「保湿効果」「美白効果」のすべてを肌にもたらします。
限定発売の「メラノディープオイル」は、お手入れの最後にプラスするだけで、美白有効成分やうるおい成分をしっかり閉じ込め、乾燥が気にならない肌へ導く美白オイルです。洗練された透明感のある香りで美白ケアの満足感を高めます。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter