1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 3月8日国際女性デーにトークイベント「”Happy Women’s Day”あしたのわたしへ」を共催

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2018/2/15

発行: (株)資生堂

CSR・環境

3月8日国際女性デーにトークイベント「”Happy Women’s Day”あしたのわたしへ」を共催

~滝川クリステルさんをゲストに迎え、自分らしさについて語る~

資生堂は2018年3月8日(木)に「国際女性デー*1」を記念して、女性も男性も自分らしく生きることを応援するトークイベント「”Happy Women’s Day” あしたのわたしへ」をBuzzFeed Japan株式会社*2と共催します。イベントでは、ゲストスピーカーの滝川クリステルさんによるトークセッションや、事前に募集するTwitterアワード「#あのときのわたしへ」の受賞作品発表、イベントのシンボルカラーとして取り上げた「ピンク」という色が持つ力についての資生堂研究員によるレクチャーを行います。また、トークショーイベントに連動して、3月8日(木)と9日(金)の2日間、銀座エリアにある下記店舗の資生堂カウンターにて店頭プロモーションを実施します。

*1 国際女性デー
1910年、コペンハーゲンでの国際社会主義会議にて「女性の政治的自由と平等のために戦う日」と提唱し3月8日が国際女性デーと制定されました。
*2 BuzzFeed Japan株式会社
ニュースからエンターテイメントまで幅広い記事・動画を配信するオンラインメディア「BuzzFeed Japan(www.buzzfeed.com)」や、料理動画メディア「Tasty Japan」を運営。

トークイベント

<タイトル>    「”Happy Women’s Day” あしたのわたしへ」
<日時>      2018年3月8日(木) 18:00-20:00 (17:30 開場、受付開始)
<場所>      ワード資生堂ホール (東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル9F)
<定員>      50名 (事前申込制先着順)
          申込先はこちら: http://womensday.peatix.com
<参加費>     税込3,000円 (軽食、お土産付)
<主催>      株式会社資生堂、BuzzFeed Japan株式会社
<内容>      ① ゲストスピーカー 滝川クリステルさんによるトークショー
           「2020に向けて~日本の女性に伝えたいこと」
          ② Twitterアワード「#あのときのわたしへ」受賞作品発表式
          ③ 資生堂研究員、島倉瞳によるレクチャー
           「“The Power of Pink”について」

Twitterアワード 「#あのときのわたしへ」

<URL>     https://twitter.com/BFJNews/status/963958972918181888
<応募期間>    2018年2月15日(木)から3月4日(日)
<応募方法>    過去の自分や誰かに対する応援や反省の気持ちを綴った、120字程度の短いメッセージのツイートを募集します。ツイートには、
          2つのハッシュタグ「#あのときのわたしへ」、「#国際女性デー」が必要です。
<表賞(3名)>  「#あのときのわたしへ グランプリ」(読者投票最多1名)
          「資生堂特別賞」(1名)
          「BuzzFeed Japan特別賞」(1名)
          ※受賞者には発表後に各賞の記念品を贈呈します。

店舗プロモーション

以下店舗の資生堂カウンターにて、期間中ご来店の方先着200名様に記念品をプレゼントいたします。店頭では、ピンクカラーを中心に、お客さまひとりひとりに合ったメイクアップをご提案し、”Happy Women’s Day”を体感いただけます。またGINZA SIXではフォトブースにて写真撮影をすることができます。
<日時>      2018年3月8日(木)・9日(金)
<場所>      GINZA SIX、銀座三越、松屋銀座の資生堂カウンター

ジェンダー平等は日本や世界の課題であると同時に、資生堂がサステナビリティ戦略の中で掲げる重点領域「Diverse Beauty(多様な美)の実現」の目標の一つでもあります。社内での推進に加え、2017年日本企業として初めてUN Womenと契約を締結し、日本におけるジェンダー平等を推進するリーダーとして活動することを約束しています。
資生堂は、今回の国際女性デーに行われるイベントに、女性が女性であることに誇りをもち、もっと輝いてもらいたいという思いを込め、全ての人がいきいきと活躍できる社会の実現を目指します。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter