1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 資生堂PLAYLISTから多湿な時期に手放せないヘアケアアイテムが新登場!

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2018/4/27

発行: (株)資生堂

商品・ブランド

資生堂PLAYLISTから多湿な時期に手放せないヘアケアアイテムが新登場!

資生堂ビューティークリエイションセンターに所属する約40名のヘアメイクアップアーティストの経験とノウハウから生まれたブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」から、新アイテム【全3品目4品種/ノープリントプライス】を2018年6月1日(金)に発売します
(発売元:資生堂インターナショナル)。

「ブローしたて」のようなサラサラヘアに質感チェンジするスプレードライヤー(ヘアスプレー・1品目1品種)と、カラー&メイクを自由に楽しむマルチカラーに初夏の新色を配置(マルチペインター・1品目2品種)そしてメイクの定着力を高める瞬間マットチェンジャー(マットフィクサー・1品目1品種 *既存品/名称変更)を発売します


◆スプレードライヤー
 ワックス・オイルなどの整髪料がついた毛髪・頭皮もサラサラに質感をチェンジ。 
 水分はそのまま、頭皮・毛髪の脂分だけを吸着します。
◆マルチペインター
 単色でも複数色を混ぜても、顔のどこにでもマルチに使用可能です。
 見たままの色が鮮やかに発色し、長時間持続。(8時間持続データ取得済み)
◆マットフィクサー
 ポイントメイクのベースに使用するとヨレを防ぎ、つけたての色が持続します。
 ベースメイクに使用すると、粉っぽくならずに、肌のテカりをおさえます。

担当アーティストが語る「スプレードライヤー」へのこだわり

◆「バックステージ発」のスプレー
パリやNYのコレクションでは、人気のモデルたちがショーをハシゴします。
前のショーでは濡れたような質感のスタイリングであっても、次のショーではドライな質感が求められる、というシーンもしばしば。もちろん、髪を洗って乾かすような時間も場所もないので、整髪料をリセットするようなスプレーを使っていました。ただ、海外にしかなく、白い粉が服や髪に付着するので満足できるものを探していました。このスプレーをもっと進化させたら、プロはもちろんデイリーユースとして使えるのに!と思ったのが開発のキッカケです。粉末や、噴霧量などいろんな部分でこだわり抜いたスプレーです。
(ヘアメイクアップアーティスト 豊田健治)



◆「ブローしたて」の髪に
自分で髪を乾かすといつまでも湿っているのに、サロンで乾かしてもらうと、早く乾くような感じがしませんか?それにはこんなテクニックが隠されています。
(1)タオルドライ後にからんだ髪を細めのブラシやコームでとかし、水分を毛先に集めてさらにタオルで吸い取ります。
(2)乾かすときには、髪の間に指をいれて、パラパラと振るようにしています。
この2つの動作により、髪と髪の間に空気が入りやすくなり、根元から早くきれいに乾かすことができます。
特に(2)の「髪の毛をパラパラと振りながら乾かす」にはテクニックが必要になりますが、スプレードライヤーを使うことにより、指通りがさらっと滑らかになるので、根元から素早く乾かすことができ、簡単にまとまりのある「サロンでドライ&ブローしたて」のような髪になります。
(ヘアメイクアップアーティスト 松本聖子)

ヘアメイクアップアーティスト 豊田健治

ヘアメイクアップアーティスト 松本聖子

商品一覧

・プレイリスト スプレードライヤー<ヘアスプレー> 120g
・プレイリスト マルチペインター【色調追加】<マルチカラー(フェイス用)>2色8g
・プレイリスト マットフィクサー<メイクアップベース>2.5g【名称変更】


販売について

「PLAYLIST」は資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」のほか「ロハコ」(アスクル株式会社)、「FLAG SHOP」(集英社)、「Amazon」、「@コスメショッピング」「C CHANNEL」、リアル店舗では資生堂の美容総合施設「SHISEIDO THE STORE」にて取り扱っています(2018年6月1日時点)

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter