1. Home
  2. 研究開発
  3. 研究領域
  4. 計測・可視化技術

研究開発
Innovation

計測・可視化技術

進化を続ける多角的な皮膚計測技術によって、肌の表面だけでなく内部まで観察できるようになりました。

お客さまの肌を客観的に知り、化粧品などの効果を実証するために、皮膚計測技術は重要です。近年の光学周辺技術や解析技術の進歩は著しく、皮膚の表面形態はもちろん、実際の皮膚をサンプルとして採取せずに皮膚内部の構造や状態を観察することが可能になっています。

皮膚の表面形態計測

まずは、皮膚の表面形態をミクロからマクロまで計測する最新技術をご紹介します。

キメ・毛穴の高精度解析

シリコン樹脂で肌表面の鋳型を取り、共焦点顕微鏡にて3Dデータを取得し、キメの細かさや毛穴の大きさを定量的に解析することができます。

毛穴解析

シワやたるみの計測

格子パターン投影法を用いて、皮膚表面の三次元形状を直接計測することが可能です。目尻などの比較的狭い領域から、顔全体の比較的広い領域まで、目的によりさまざまな装置を使い分けて解析。シワやたるみの計測に応用しています。

PRIMOSによる目尻シワ計測 Profiaによる顔形状計測

皮膚の特殊撮影

皮膚を肉眼で見るときには可視光で観察していますが、目には見えない紫外領域や近赤外領域の光で皮膚を観察すると、肌の様々な状態をイメージングすることができます。

光スペクトル

近赤外光を用いた肌のうるおいの可視化

高感度近赤外カメラと拡散照明装置を組み合わせて、顔のうるおいをイメージングできる機器を開発しました。スキンケアによるうるおい持続効果の検証などに用いています。

近赤外光を用いた肌のうるおいの可視化

紫外線を用いた潜伏シミの可視化

紫外線カメラと拡散照明装置を組み合わせて、肉眼では見えない潜在的なシミの様子を観察しています。

紫外線を用いた潜伏シミの可視化

内部反射光による肌の透明感の評価

肌の内部に入って拡散・反射して戻る光を内部反射光と言い、肌の透明感を生み出します。スリット状の光を肌に当て、内部反射光の広がりを検出することで、透明度を計測[ PDF : 155KB ]しています。

内部反射光による肌の透明感の評価

肌内部組織の可視化

最新の計測技術により、実際の皮膚をサンプルとして採取せずに“光”で直接皮膚内部の構造や状態などを観察[ PDF : 597KB ]することが可能になりました。今後、これらの計測技術により、紫外線や様々な老化現象と皮膚内部状態や構造との関係がより一層明らかになるとともに、肌あれやしわ、美白などに有用な化粧品開発への応用も期待されます。

表皮細胞・メラニンの高解像度観察

生体共焦点顕微鏡では、肌の上からリアルタイムで皮膚内部の水平断面像が撮影でき、表皮細胞やメラニンなどの状態を直接観察することができます。また、深さを変えて撮影した複数の水平断層像から皮膚の内部構造を立体的に再現することも可能です。

表皮細胞・メラニンの高解像度観察

真皮コラーゲン・エラスチン線維の観察

多光子顕微鏡を用いてより深い真皮をターゲットとすることで、第2高調波発生光によりコラーゲンを、2光子励起蛍光によりエラスチンの線維構築を特異的に観察しています。

2光子顕微鏡
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
一般のみなさまへ
専門家のみなさまへ
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報