1. Home
  2. 研究開発
  3. 医師・研究者向け情報
  4. Q&A
  5. ヒマシ油、リシノール酸、ラノリン、ラノリンアルコールでパッチテスト陽性の患者さまがいます。使用できる口紅やリップクリームはありますか?

研究開発
Innovation

Q&A

接触皮膚炎関連(パッチテスト)

  • ヒマシ油、リシノール酸、ラノリン、ラノリンアルコールでパッチテスト陽性の患者さまがいます。
    使用できる口紅やリップクリームはありますか?

  • 上記成分すべてを含まない口紅やリップクリームを紹介します。

    dプログラムリップトリートメントカラー(口紅)

    dプログラム
    リップトリートメントカラー(口紅)
    全8色

    dプログラムリップトリートメント(リップクリーム)

    dプログラム
    リップモイストエッセンス
    (リップクリーム)

    上記成分について
    ヒマシ油、ラノリンは、口紅に固有の粘度を与えるために用いられ、特にヒマシ油は、染料の溶解剤としても重要な役割を果たしている油脂です。
    リシノール酸はヒマシ油の約9割を占める主成分ですが、ヒマシ油は100℃以下では極めて安定であり、口紅に配合した後でリシノール酸に分解されることはありません。
    なお、当社にリシノール酸配合の口紅はありません。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
一般のみなさまへ
専門家のみなさまへ
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報