1. Home
  2. 研究開発
  3. 医師・研究者向け情報
  4. Q&A
  5. 化粧品と医薬部外品の違いについて

研究開発
Innovation

Q&A

その他

  • 化粧品と医薬部外品の違いについて

  • 薬事法では、「化粧品」とは人の体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの、と定義されています。

    一方、「医薬部外品」は、吐き気や口臭・体臭、あせも・ただれ、脱毛・育毛、ねずみやはえの防止などを目的としたもので、そのなかで薬用化粧品は、人体に対する作用が緩和なものであることは、化粧品と同じですが、配合されている薬剤(有効成分)により、肌あれ、ニキビ、メラニン生成を抑制することにより、シミ・ソバカスを防ぐ、というような効果を表現することができます。しかし、「医薬品」と異なり、人の疾病の診断や治療を目的にはしていません。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
一般のみなさまへ
専門家のみなさまへ
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報