研究開発・生産

リサーチグラント

資生堂 女性研究者サイエンスグラント

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第7回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究分野・受賞研究テーマ(ひとこと説明)
いけだ (たにぐち)
池田(谷口)
まりこ
真理子
神戸大学大学院
医学研究科 小児科
こども急性疾患学
特命講師 【臨床遺伝学・分子生物学】
先天性肺嚢胞性疾患における体細胞モザイク型変異の検出と発症機序の解明(先天性肺疾患の発症機構を遺伝子レベルから解明する研究)
うつのみや しょうこ
宇都宮 聖子
国立情報学研究所
情報学プリンシプル研究系
特任准教授 【量子光学】
ファイバーレーザーネットワークを用いた超高速コヒーレントコンピューターの実現 (レーザー光の不思議な性質を使い、新しい原理で超高速コンピュータを開発する研究)
ぐん じん
宮 瑾
山形大学
大学院理工学研究科
機械システム工学専攻
特任助教 【高分子科学】
眼内レンズへ応用可能なスマートゲル材料の開発(透明度を制御できる形状記憶ゲルの開発と眼内レンズへの応用)
さかた ようこ
酒田 陽子
神戸大学
大学院理学研究科化学専攻
特命助教 【有機化学・錯体化学】
新規光応答性分子の金属錯体形成によるハイブリッド型機能材料の開発(光によって構造変化する材料の開発)
すずき さわこ
鈴木 佐和子
千葉大学
医学部付属病院
糖尿病代謝内分泌内科
助教 【基礎医学・分子生物学】
生活習慣病・癌における新たな創薬標的探索を目指したGLS2のグルタミン代謝制御の解明(グルタミン代謝が生活習慣病や癌にどのように関わっているかを明らかにする研究)
なんぼ あすか
南保 明日香
北海道大学
大学院医学研究科
生理学講座
准教授 【ウイルス学】
ウイルス感染細胞が放出する細胞外小胞エキソソームの機能解析(ウイルスによるがん発生の仕組みを解明する研究)
はっとり あずさ
服部 梓
大阪大学
産業科学研究所
助教 【物性物理学】
強相関金属酸化物3次元配列ナノ構造体でのフォトクロミック機能の創出(新しい性質の光を生み出すナノ材料の開発)
はら
原 めぐみ
佐賀大学
医学部医学科社会医学講座
予防医学分野
講師 【疫学・公衆衛生学】
遺伝子修復酵素のDNAのメチル化に関連する生活習慣の究明による遺伝子修復機能の向上に着目した効果的なアンチエイジング方法の開発(遺伝子損傷と修復に関連する生活習慣を解明する疫学研究)
みやがわ れいな
宮川 鈴衣奈
名古屋工業大学
産業戦略工学専攻
助教 【結晶工学・電子工学】
半導体膜の結晶成長における界面形成機構解明に向けたその場観察法の開発(材料の物性を最大限に活かす半導体薄膜形成技術の開発)
みよし ひろみ
三好 洋美
理化学研究所
光量子工学研究領域
研究員 【細胞生物物理学・生体材料学】
低分子量GTPases活性を時空間的に操作する外場のマイクロ構造の最適設計(細胞の機能をコントロールする微細な格子の設計)

(敬称略、氏名五十音順、所属・職位は受賞時のもの)

※第7回の研究期間は、2014年6月~2015年5月の1年間の予定です。

受賞のことば

第7回受賞者 服部梓 先生 (大阪大学 産業科学研究所 助教)

大学院の博士後期課程在学中に2人の子供を産んだため、私の研究はいつも子育てと並行しています。時間的なハンディがあるため、自信を喪失したこともありました。でも、研究は楽しいし、家族はいとおしい。色々な経験をするからこそ、イノベーションを創出できると信じて突き進んできました。今回の受賞は、私の研究者としての生き方を評価してもらえたようで、大きな励みになりました。今後も気持ちを強く持って頑張っていこうと思います。

第7回受賞者 原めぐみ 先生 (佐賀大学 医学部医学科社会医学講座 講師)

指導的研究者を目指す女性を支援する研究助成という、すばらしい賞に選んでいただき、大変光栄に思います。受賞は自宅で知り、思わず子どもたちに、「がんばったから、ご褒美もらえることになったよ。いつも応援してくれてありがとう」と伝え、一緒に飛び跳ねて喜びを分かち合いました。今は、この賞に見合った研究者になりたいと強く思っています。今回受賞できたのは、私たちの取り組む疫学研究に理解を示し、調査に参加してくださった佐賀市の12,000人の皆様、調査に携わるスタッフ全員のおかげです。期待に応える成果をあげ、社会に還元していくことが責務と考えています。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第6回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ(具体的内容)
天野 麻穂 北海道大学 大学院
先端生命科学研究院
特任助教 【生化学・糖質科学】
グライコミクスによる昆虫の休眠機構の体系的解明(厳しい環境をしのぐための昆虫の『眠り』に関する研究)
大澤 志津江 京都大学 生命科学研究科
システム機能学分野
日本学術振興会・特別研究員SPD 【遺伝学・発生生物学】
細胞老化を介した細胞非自律的腫瘍悪性化の分子基盤の解明(ショウジョウバエを用いてガン化の仕組みを明らかにする研究)
佐藤 敦子 東京大学 大学院
理学系研究科
特任研究員 【環境進化発生学】
環境温度ストレスの神経冠細胞特異的遺伝子発現への影響と動物進化での役割(環境温度の変化と動物の顔の進化の関係を明らかにする研究)
白藤 梨可 帯広畜産大学
原虫病研究センター
助教 【寄生虫学】
マダニの卵形成を制御する分子機構の解明(ダニが卵を作る仕組みを解明し、新しい殺ダニ剤開発へ繋げる研究)
城﨑 由紀 九州工業大学
若手研究者フロンティア
研究アカデミー
准教授 【生体材料化学】
有機−無機ヒドロゲルを用いた薬剤徐放型ミクロ粒子の創製(失った骨の再生を助ける粒子の開発)
鈴木 由美子 上智大学 理工学部
物質生命理工学科
准教授 【有機化学】
有機触媒反応を用いた医薬品候補化合物の合成(癌や感染症を治療する新しい薬の研究)
帯刀 陽子 山形大学 大学院
理工学研究科
助教 【物性化学】
動的自己活性化ナノコイルスキャホールドの創製とその機能評価(再生医療に用いる細胞を機能させるナノ材料の開発)
西村 珠子 神戸大学
自然科学系先端融合
研究環
助教 【生物学】
神経管形成の制御分子Celsr1の背腹軸方向の極性分布を司るシグナル系の探索(脳や脊髄のもとになる神経管がどのようにしてできるのかを明らかにする研究)
Huixin Liu
木村 会欣
九州大学
理学研究院
地球惑星科学専攻
准教授 【気象学・宇宙物理学】
成層圏から超高層まで:成層圏突然昇温に対する超高層大気寒冷化の生成機構の解明(大気で起こる物理現象の研究)
細川 千絵 独立行政法人
産業技術総合研究所
健康工学研究部門
研究員 【神経工学・生物物理学】
集光レーザービームを用いた神経細胞の局所機能操作(レーザー光で神経回路の仕組みを明らかにする研究)

(敬称略、氏名五十音順)

※第6回の研究期間は、2013年6月~2014年5月の1年間の予定です。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第5回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ(具体的内容)
岩倉いずみ 広島大学 大学院
理学研究科
助教 金属錯体反応における項間交差の解析
(観測困難とされてきた化学反応の瞬間を超短レーザーパルスで捉える)
恩田 弥生 山形大学 農学部 助教 植物細胞・エネルギー代謝を制御する電子キャリアーの細胞内分配機構の解明
(光を利用したエネルギー生産の仕組みを明らかにする)
近藤 美欧 分子科学研究所
生命・錯体分子
科学研究領域
助教 界面電子移動プログラミングによる水の完全光分解系の構築
(クリーンエネルギー開発の基礎知見となる、太陽光エネルギーを用いた水の完全分解系を構築する)
佐藤 美由紀 群馬大学
生体調節研究所
助教 線虫C. elegansにおけるミトコンドリア母性遺伝の分子メカニズムの研究
(細胞内の小器官「ミトコンドリア」はなぜ母親からのみ受け継がれるのかという仕組みを明らかにする)
澤井 仁美 分子科学研究所
岡崎統合バイオ
サイエンスセンター
特任助教 細胞内ヘム濃度の恒常性維持に関わる分子機構の解明
(活性酸素を発生させる「鉄」を排除して、細胞を守るたんぱく質の分子構造を明らかにする)
中村 美穂 東京医科歯科大学
生体材料工学研究所
助教 加齢に伴う骨の材料特性および破骨細胞機能変化に関する研究
(骨のエイジング機構を明らかにする)
政池 知子 学習院大学
理学部物理学科
助教 分子モーター蛋白質F1-ATPaseの物理的回転による高効率の機能的回転機構の解明
(蛋白質の部品を解体する力を光学顕微鏡で1分子測定し、作動機構に迫る)
眞鍋 史乃 独立行政法人
理化学研究所
基幹研究所
専任研究員 新規反応活性種を用いた糖鎖結合形成法の開発と新規高分子創成への展開
(合成が難しい糖の結合法を開発することで新規医薬品を生み出す)
柳澤 実穂 九州大学
大学院理学研究院
助教 理論的理解のための皮膚細胞様モデル構築とモデル細胞間相互作用の制御
(皮膚細胞のような組織モデルを構築することで、生物を形づくる制御機構を見出す)
吉田 絵里 豊橋技術科学大学
大学院工学研究科
准教授 新規“光精密ラジカル重合法”の開拓
(光で分子を精密につないでいく方法を開発する)

(敬称略、氏名五十音順)

※第5回の研究期間は、2012年6月~2013年5月の1年間の予定です。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第4回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ
神田 奈緒子 帝京大学 医学部皮膚科学講座 准教授 Adipokineの制御による乾癬の治療 メタボリックシンドロームとの関連
日下部 りえ 神戸大学 大学院理学研究科 生物学専攻 助教 骨格筋の発生と再生におけるmicroRNA機能の解析
佐藤 あやの 岡山大学 異分野融合先端研究コア 助教 コラーゲン分泌の可視化
田中 美代子 独立行政法人 物質・材料研究機構量子ドットセンター 主幹研究員 固体酸化物燃料電池界面の酸素雰囲気下構造変化の観察と分析
谷川 千津 東京大学 医科学研究所 ヒトゲノム解析センターゲノムシークエンス解析分野 特任研究員 初経年齢・閉経年齢・月経周期に関するゲノムワイド関連解析
千葉 奈津子 東北大学 加齢医学研究所 免疫遺伝子制御研究分野 准教授 乳癌のオーダーメイド医療のための癌抑制遺伝子産物のユビキチン化修飾機構の解明
野田 裕美 東京医科歯科大学 慢性腎臓病病態治療学講座 准教授 アクアポリンの時空間制御機構に基づく水分調節異常疾患治療法開発
保倉 明子 東京電機大学 工学部環境化学科 准教授 コケの生理機能を利用した金属ナノ粒子の合成
松田 知子 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 講師 二酸化炭素を材料とする酵素を用いる有機合成反応の開発 グリーンバイオイノベーション
安田 仁奈 独立行政法人 水産総合研究センター
瀬戸内海区水産研究所 赤潮環境部
有毒プランクトン研究室
特別研究員 サンゴ礁生態系保全にむけたCoral Triangleにおける種分化プロセス及び遺伝流動の解明

(敬称略、氏名五十音順)

※第4回の研究期間は、2011年6月~2012年5月の1年間の予定です。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第3回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ
秋山 秋梅 京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 准教授 細胞の酸化ストレス防御を担う新規タンパク質の作用機構と生理的機能の解析
柿崎 育子 弘前大学 大学院医学研究科 附属高度先進医学研究センター 糖鎖工学講座 准教授 マラリアの母子感染防御を目指した糖鎖工学的アプローチ
川島 素子 慶應義塾大学
医学部眼科学教室
助教 カロリー制限による涙液分泌機能維持のメカニズム解明
甲賀 かをり 東京大学医学部
産科婦人科学教室
助教 妊孕能確保にむけた子宮内膜症の新規治療法の開発
幸谷 愛 東京大学 医科学研究所 先端医療研究センター 分子療法分野 助教 AIDをターゲットとした薬剤耐性克服を目指した新規治療開発のための基礎的研究
下重 美紀 国立がんセンター研究所  化学療法部 主任研究官 プロテオーム解析による大腸発がん制御機構の解明
中江 文 大阪大学 大学院医学研究科 生体統御医学 麻酔・集中治療医学講座 准教授 顔面の慢性疼痛に対する新しい薬剤の開発
肥山 詠美子 理化学研究所
仁科加速器研究センター
准主任研究員 ミューオン触媒核融合が拓く新クリーンエネルギー
宮本 悦子 慶應義塾大学
先導研究センター
准教授 次世代シーケンサーを活用する細胞丸ごと プロテオーム解析技術の開発
矢野 陽子 立命館大学
総合理工学研究機構
チェア プロフェッサー タンパク質と界面の相互作用の研究

(敬称略、氏名五十音順)

※第3回の研究期間は2010年6月~2011年5月の1年間です。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第2回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ
上田 真由美 同志社大学 生命医科学部 再生医療研究センター 講師 上皮細胞による炎症制御機構の解明
岡村 恵美子 姫路獨協大学 薬学部 教授 薬物のin-cell NMR:シグナルの非侵襲検出と輸送解析
佐藤 春実 関西学院大学 理工学部 博士研究員 バイオポリエステルのメソ構造形成機構における弱い水素結合の役割
島田 緑 名古屋市立大学 医学研究科 細胞生化学講座 助教 老化を防止する医薬品開発を目指した細胞老化の分子機構の解明
高橋 まさえ 東北大学 金属材料研究所 附属金属ガラス総合研究センター 准教授 テラヘルツ電磁波の医学への応用のためのテラヘルツ帯非調和大振幅振動の指紋完全解析
竹岡 裕子 上智大学 理工学部 物質生命理工学科 講師 生分解性高分子を用いた環境低負荷型バイオマテリアルの創製
寺西 美佳 東北大学 大学院生命科学研究科 助教 CO2削減効果上昇のための植物の紫外線耐性機構の解明
三浦 晶子 京都大学 大学院医学研究科 内科学講座 日本学術振興会
特別研究員
乳歯由来歯髄幹細胞を用いた新たな骨粗鬆症治療法の開発
山本 希美子 東京大学 大学院医学系研究科 システム生理学 講師 血流に応答する動脈硬化関連分子の探索と生理機能解析
若山 清香 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員 遺伝子挿入のない卵子由来の初期化因子を用いた新しいiPS細胞樹立について

(敬称略、氏名五十音順)

※第2回の研究期間は2009年6月~2010年5月の1年間です。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 第1回 受賞者
氏名 所 属 職位 研究テーマ
伊吹 裕子 静岡県立大学 環境科学研究所 光環境生命科学研究室 准教授 太陽光中の高波長領域紫外線(UVA1)が皮膚機能に与える影響-UVA1による細胞死の阻害と光発がんへの関与について-
加治屋 勝子 山口大学大学院 医学系研究科 器官制御医科学講座 生体機能分子制御学 助教 脂質膜界面の分子認識に伴う膜の物性変化に関する研究
片野坂 友紀 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 システム循環生理 助教 生体メカノセンサーを介した細胞運命決定機構の解明
城戸 瑞穂 九州大学大学院 歯学研究院 口腔常態制御学講座 硬組織構造解析学分野 准教授 口腔粘膜のセンサー機能の解明
佐々木 千鶴 徳島大学大学院 ソシオテクノサイエンス研究部 助教 木質系バイオマスの総合的有効利用
柴田 美雅 産業医科大学大学院 医学部耳鼻咽喉科 第1生理学 大学院4年生 嗅覚が情動ストレス・疼痛ストレスを緩和する脳内メカニズムの解明
細谷 紀子 東京大学大学院 医学系研究科疾患生命工学センター 放射線研究領域 助教 DNA修復システム研究から乳癌のオーダーメード治療へ
堀井 謹子 奈良県立医科大学 寄生虫学教室 助教 豊富な感覚刺激は女性らしさを創る―エンリッチ環境飼育下マウスにおける視床下部神経新生と女性ホルモン分泌―
松下 祥子 日本大学 文理学部 物理生命システム科学科 専任講師 コロイド結晶内の近接場共鳴を利用した機能性材料開発の試み

(敬称略、氏名五十音順)

※第1回受賞者について、厳正な審査の結果10名を選考いたしましたが、1名辞退のお申し出がございましたので、最終受賞者は9名となっております。

  1. Home
  2. 研究開発・生産
  3. 医師・研究者のみなさまへ
  4. リサーチグラント
  5. 資生堂 女性研究者サイエンスグラント
  6. 受賞者一覧