1. Home
  2. 研究開発
  3. 医師・研究者向け情報
  4. シンポジウム・セミナー
  5. 2010年度

研究開発
Innovation

2010年度

低刺激性スキンケア「2e(ドゥーエ)」発売10周年記念 市民講座

「トラブル肌にスキンケアができること~専門医に相談していますか?~」

本セミナーのお問い合わせ先:資生堂フロンティアサイエンス事業部 TEL:03-6253-1414


日程 :
2010年10月2日(土)大阪IMPホール
2010年10月31日(土)東京ニッショーホール
共催 :
(株)資生堂・マルホ(株)・朝日新聞社

第1部 講演

「いっしょに治そうトラブル肌」

講師/江藤 隆史先生(東京逓信病院皮膚科部長)

第2部 ゲストトークセッション

「妻・母として家族の素肌ケアをサポート」

出演/香坂 みゆき氏(女優)、高田 景子氏(司会)

第3部 パネルディスカッション

「トラブル肌にスキンケアができること~専門医に相談していますか?~」

パネリスト/江藤 隆史先生、香坂 みゆき氏  司会/高田 景子氏


いっしょに治そうトラブル肌

江藤 隆史(東京逓信病院皮膚科部長)

乾燥による肌トラブルを放っておくと、どんどん症状が悪化することがあります。
例えば、乾皮症でカサカサするのが気になって強く洗うと、皮脂欠乏性湿疹となりかゆみが出ます。さらに進行すると貨幣状湿疹になり、傷口から菌が入り蜂窩織炎を併発しかねません。
こうならないためには、早いうちからの保湿や皮膚科の受診を心がけましょう。また、お風呂と角質の水分量をみると、入浴直後は入浴前と比べて2倍近くになり潤いますが、20分後に同程度に、30分後には下回ります。お風呂で皮脂膜が落ちて、水分が蒸発しやすくなるからです。入浴後10分後くらいまでには、保湿剤を塗り蒸発を抑えましょう。
たとえ敏感肌でなくても、季節の変わり目などささいな変化で肌は乾燥しやすくなります。
トラブル肌の予防の基本はスキンケアと意識して、保湿を毎日の習慣にして下さい。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
一般のみなさまへ
専門家のみなさまへ
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報