1. Home
  2. 安心・安全 / 研究開発
  3. セミナー/イベント
  4. 資生堂グループ ハーバード大学国際コンサルティングコンペティション(HICC)2017を協賛

安心・安全 / 研究開発
Innovation

資生堂グループ
ハーバード大学国際コンサルティングコンペティション(HICC)2017を協賛

資生堂は2017年4月22日にボストンで行われるハーバード大学国際コンサルティングコンペティション(HICC)*2017に、ダイヤモンドスポンサーとして協賛するとともに、学生が課題として取り組むケースを提供します。グローバルの大学生のみなさんが、当社のケースに取り組む中で、実際のビジネスへの考察を深めるとともに、将来のキャリアに関する気付きを得るためのサポートを行います。また、当社の様々な活動を知って頂く機会にするとともに、提案を通して得た事業活動、CSR活動などへの示唆を実際の事業へ活かしていきます。

*ハーバード大学国際コンサルティングコンペティション(HICC):ハーバード大学の主催する大学横断でのケースコンペティション。世界中の若い英知を集め、実際のビジネスのケースを題材に、課題解決能力の向上を図るとともに、企業と出会い、コンサルティング業界のプロからの話を聞く機会として、ハーバード大学以外にも多くの大学が参加するイベントとなっている。

ハーバード国際コンサルティングコンペティション(HICC)
2017公式サイト:http://www.harvardconsulting.org/new-events/ (別ウィンドウが開きます。)

本コンペティションに、資生堂は日本の企業として、かつコンサルティング企業以外としては初めて、学生が課題として取り組むケースを提供いたします。本コンペティションには、ハーバード大学に加え、スタンフォード大学、イエール大学、コロンビア大学、NY大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)、カタールカーネギーメロン大学、カルガリー大学、パンアメリカン大学などが参加する予定です。

4月8日に学生たちに課題として渡されたケースは、資生堂の中長期戦略VISION 2020の第2フェーズ、「成長の加速」とその先のゴールである「我々の持つ強みを活かして、グローバルリーダーになる」ための具体的な計画と解決策をまとめ、提案してもらうというものです。4月22日にはハーバード大学のキャンパスにほど近いボストンのシェラトン コマランダーホテルで学生と審査員が一堂に会し、参加チームの中から優勝者を決定します。

資生堂からは当イベントに、以下4人の審査員とキーノートスピーカーが参加予定です。
Vidur Bhandari, SVP, Strategy & Value Creation (キーノートスピーカー)所属
Maria Chiclana, General Counsel 所属
Sonia Solova, Strategy Manager, Corporate Communications, Tokyo HQ
Tomoko Yamagishi-Dressler SVP, Marketing & Sales, Ultra Prestige Collection 所属
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報