1. Home
  2. 安心・安全 / 研究開発
  3. IFSCC大会受賞研究の紹介

安心・安全 / 研究開発
Innovation

IFSCC大会受賞研究の紹介

世界中の化粧品研究者が目標にする研究発表会“IFSCC”で、資生堂が世界最多の受賞!

IFSCCって何?

国際化粧品技術者会連盟(The International Federation of Societies of Cosmetic Chemists 略称IFSCC)は1959年に設立された、世界各国の化粧品技術者会から結成される国際機関です。本部をニューヨークにおき、現在57ヵ国が加盟、会員数は15,000名を超えています(2016年1月現在)。日本は1962年に正式にIFSCCに加盟しました。

IFSCCでは化粧品技術の向上や、安全で有用な化粧品開発のための諸活動を行っており、中でもIFSCC大会は世界中の化粧品技術者が集まり、最新の研究成果を発表する大きな行事です。大会には偶数年に開催されるCongress(本大会)と奇数年に開催されるConference(中間大会)があります。

資生堂は1976年から2016年までの間、本大会・中間大会を含め、合計24回の受賞を誇っており、その圧倒的に多い受賞回数は他社の追随を許さない技術力の高さの証といえます。

Award

大会名 開催年
Congress(本大会) 偶数年 口頭発表/基礎部門・応用部門 ポスター発表/優秀賞
Conference(中間大会) 奇数年 口頭発表 ポスター発表/ホスト国賞など
大会名 Congress
(本体会)
Conference
(中間大会)
開催年 偶数年 奇数年
口頭発表/
基礎部門・応用部門
口頭発表
ポスター発表/
優秀賞
ポスター発表/
ホスト国賞など

IFSCC受賞回数の他社比較

グラフ

2016年12月現在

受賞歴と研究の内容

2016年
第29回 オーランド大会 [Congress]
2014年
第28回 パリ大会 [Congress]
2013年
リオデジャネイロ大会 [Conference]
2012年
第27回 ヨハネスブルグ大会 [Congress]
2011年
バンコク大会 [Conference]
2010年
第26回 ブエノスアイレス大会 [Congress]
2008年
第25回 バルセロナ大会 [Congress]
2006年
第24回 大阪大会 [Congress]
2005年
フィレンツェ大会 [Conference]
2002年
第22回 エジンバラ大会 [Congress]
2000年
第21回 ベルリン大会 [Congress]
1992年
第17回 横浜大会 [Congress]
1990年
第16回 ニューヨーク大会 [Congress]
1988年
第15回 ロンドン大会 [Congress]
1986年
第14回 バルセロナ大会 [Congress]
1984年
第13回 ブエノスアイレス大会 [Congress]
1980年
第11回 ヴェニス大会 [Congress]
1976年
第9回 ボストン大会 [Congress]
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報