1. Home
  2. 研究開発
  3. 安全性の保証
  4. 安全性保証体系

研究開発
Innovation

安全性保証体系

私たちが、長年探求してきた化粧品の安全性保証研究に加え、数十年間にわたる動物実験代替法試験研究の成果をすべて集約したのがこの安全性保証体系です。この体系は大きく、3つのステップ(情報による保証、代替法による保証、ヒトによる最終確認)からなり、さらに代替試験法中の2つのアプローチとフォローアップシステムを含む5つの要素で構成されています。それぞれにおいて、保証すべき項目ごとに具体的な試験法を適切に組み合わせて実施しています。

安全性保証体系

情報による保証

私たちが長年蓄積してきた安全性評価研究から得られたデータや経験はとても貴重なものです。
私たちは、これまで蓄積してきた知見をいつでも活用できるようにデータベースとして整理しており、発売後情報も含め常に情報を更新しています。社内情報以外にも、論文や公的報告書/データベース等の社外の公開情報も、信頼性を確認した上で積極的に活用しています。化学物質の安全性情報は世界中で日々更新されており、私たちは適切な情報の取得に努めています。また外部専門家のコンサルテーションも活用しています。こうした情報による保証を的確に行うため、担当者はグローバルレベルで業界や学会での安全性評価活動に参加したり、規制当局との情報交換を密に行なう等、絶えず評価スキルの向上に努めています。

代替法による保証(詳細はこちら

In silico / Expert system (Read across)

数理モデル或いはナレッジベースのモデルを用いて、評価を行います。
全く同一のものでなくても、既知の原料と類似のもの、具体的には化学構造や生物学的反応が類似等の情報があれば、保証に活用できる場合があります。それぞれの評価項目において担当の専門家が妥当性を確認しています。

In vitro試験

培養細胞などを使用し、評価を行います。目的に応じて様々な試験があり、複数の試験法を組み合わせて保証する場合もあります。

ヒトによる最終確認(詳細はこちら

情報による保証、代替法による保証という二つの検討により安全性が保証されたものについて、最終的な安全性を確認するためにヒトによる試験を行います。このステップへ移行するためには、それまでの検証及び試験結果に基づき、ヒト試験倫理審議会がその実施可否を厳しく審議します。
原料レベルで安全性が保証されたものについても最終製品での保証を行う場合があります。資生堂ではその実施プロトコルを厳格に定めています。

フォローアップシステム(詳細はこちら

資生堂は、製品発売後の状況を速やかに把握しそれを迅速にフィードバックする社内体制を整えています。お客さまからのお申し出はもちろんのこと、医師からのお問い合わせ等に対しても専用の窓口を設けることで漏れの無い情報収集に努めています。それとともに、グローバルレベルでの公的機関や学術団体からの情報収集も常に行っており、得られたリスク情報に対しては速やかに社内で検証します。こうして得られた情報については、お客さまの立場に立ち迅速かつ適切に対応するとともに、以降の安全性保証に役立てます。

懸念発生時の対応はこちら

資生堂が行っている安全性に関する保証項目

以下に資生堂が化粧品で実施している安全性に関する保証項目を示します。保証項目は、刺激など製品を適用した部位への直接の影響の有無を確認する局所毒性と、全身に対する影響の有無を確認する全身毒性の2つに分類されます。それぞれの項目について保証すると共に、誤使用や、環境(生態系)への影響も配慮しています。
また、このような保証に関する情報は、必要な場合には医療関係者へ提供し活用されます。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
一般のみなさまへ
専門家のみなさまへ
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報